ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【まとめ】デジタルパーマでできるスタイルやケア方法を解説! 

DATE:
  • ガジェット通信を≫
毎日“ゆるふわヘア”になれる♪デジタルパーマでできること

スタイリング剤のCMで出てくるような、ゆるふわ感のある髪型。
でもあれはプロのスタイリストさんがセットしているからこそできるもの、と考えている人が多いのではないでしょうか。
実はデジタルパーマの再現率は高いんです! 乾いた髪でパーマが再現されるため、サロン帰りだけではなく翌朝もパーマがそのまま残っているんです。ムースで固めたりしないので、より自然な質感に仕上げられ、髪質にあまり左右されずにパーマができるんです。なによりも、大きなカールを作ることがとても得意なパーマです。

 

艶髪になる!デジタルパーマの乾かし方&ケアのポイント

【艶の出る乾かし方】
乾かす時は、まず根元をしっかり乾かします。
注意点は、「風は常に上から下」です。こうするとキューティクルが整い、髪に艶も出ます。デジタルパーマがパサつくという方は、乾かし方も原因のひとつ。この方法でうる艶な髪にしてあげて下さい。次に、スタイルに合わせて軽く捻り(強く捻じらない!)、持ち上げるようにして乾かします。
【これは守って!3つのケアポイント】
① 絶対強く捻らない
② 下に引っ張らず、手のひらに包み込んで持ち上げる
③ できるだけ風は上から下に!
しっかり乾いたら、仕上げにお気に入りのワックスを少量モミこむと良いです。

 

ロングだけじゃない!ショートヘアにもオススメな理由

ショートヘアの方は、パーマをあてるとクリクリになっちゃった…なんて経験ありませんか? でもデジタルパーマなら、薬剤を塗布したところしか曲がらないため、カットを生かしたパーマスタイルを楽しむことができるんです。
ショートヘアでも変化がほしい方にぜひ試してほしいです。
そして、理想のヘアスタイルを叶えてくださいね。

GIO(Hair Base Anap)

[美容コラム] AUTHORs JAPAN BEAUTY-オーサーズ|美容情報(ネイル・ヘア・メイク)
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP