ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行が大好きな女性の取扱説明書「追いかけるより、追いかけて・・・」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

活発で魅力的。だけど、気を抜くとスグにどこかにいっちゃいそう。そんなモテ子たちの考えを「Elite Daily」が紹介しています。

01.
モノより想い出
大切なのは「未体験」

高価な花束より「誰も知らない秘密の花園」。どうやったら彼女が目をキラキラさせてインスタ写真を撮り始めるのかをイメージしながら、頭を捻って考えてみて。

02.
プレッシャーはかけないで。

あまりに奔放な彼女の生活を心配しすぎて、あれこれ口うるさく指摘していませんか?「将来」や「安定」はタブーかも。彼女が不満を言葉にせずとも、どんどん不信感がつのっていることも。

そんなときに考えるべきは、どう伝えるかや何をしてあげられるか。直接的な言葉ではなくともOK。窮屈に聞こえるような聞こえ方なら、どんなに心配しても受け入れてもらえない可能性大!指摘ばかりで何もしないのもダメ。

03.
そばにいて欲しいけど
いつもじゃない

自立して生活できるので男手を必要とするシーンがあまりないのが特徴。見知らぬ土地で怖い思いをした経験もたくさんあります。そのため、危険に対する嗅覚やトラブルへの耐性も十分。
むしろ、あなたがちょっとアブナイと思う位のことを面白がっているはず。

04.
家って何?
→場所より「居心地」

家と言えば、住んでいる場所、帰る場所というイメージですよね。でも、彼女たちにとって大切なのは気持ち。ホームといったほうがニュアンスは正しいかもしれません。

旅先で出会った人々の好意にさんざん触れてきたこともあり、どこにいても自宅のようにココロを落ち着けられます。つまり彼女たちが求めているのは「居心地」なんですね。

05.
世界各地にいる友達を
受け入れてほしい

その人間関係はもちろんインターナショナル。その交友関係や彼女自身のありのままの姿が、あなたの現実とはかけ離れている場合も。そんなときは、彼女のいる世界に思い切って飛び込んでみて。

06.
引き止めないで。
旅行しないと息ができない!

お金を貯めたと思ったら、またすぐにどこかへ旅立ってしまう。しかし、その情熱がなくなることはありません。束縛はキライ。無理に引き止めるのはよしましょう。

07.
社会論・世論より
自分で考えた結論

世間の流行もマナーも承知の上。空気は読んでいます。が、それを踏まえた上で自分の感覚でモノゴトを見て、好きなものを大切にしています。だからこそ彼女自身フツーじゃなかったり、流行の先駆けになることもあるんです。

08.
いつも前向きでいたい
大抵のことじゃ死なないから

一人旅をする女性はそうでない人と比べ、危険や死といったリスクに対応するスキルがあります。そのため、最悪の状況を考えれば普段の生活で起こる問題なんて些細なものーーというのが楽観的な彼女の考えでしょう。

とはいえ、最悪のシナリオは想定済み。前向きすぎてギャンブラーのように見えますが、日々あらゆる情報を頭に入れながら計算し、自分の身を守る方法を考えています。死にそうでない限りはなんでもノリノリで挑戦するのがこのタイプ。

09.
ひとりでいるのには
ワケがある

人生は儚いもの…と達観しているところもあるので、時間をムダには過ごしません。軽い恋愛関係を持つことはできても、心の底から繋がり合える深い関係を持つのは簡単ではないでしょう。

彼女がひとりでいるときは、理由があります。ムダに関係を持つことはありません。

10.
変化と成長を求めて
まっすぐ突き進む

旅の経験からか、常に変化を必要としており、成長に貪欲です。だから、どんなに大変でも粘り強く頑張れるし、誰に対してどんな立場で接するかはっきりとしています。

その誠実さを疑ってはいけません。旅先から、あなた宛に手紙が届いたらあなたを想っている証拠です。その気持ちを信じて特別な関係を築きましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機のなかでもぐっすり眠る「10の秘訣」
「飛行機あるある」を描いたイラスト 思わず共感っ!
ヨーロッパを旅するまで、まったく知らなかった「16のコト」

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP