ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40年に1度の大寒波が西日本を襲う!? 早くも月曜日の出勤停止を通知した会社も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「暖冬予報」はどこへ行ってしまったのか――。1月18日の大雪で首都圏の交通機関は大混乱に陥ったが、西日本でも24日に「約40年振りの大寒波」が襲い、25日の月曜日までに「災害レベルの大雪」が降るおそれがあると予想されている。

特に注意が促されているのは九州地方と中国地方、それに四国の愛媛県。ウェザーニュースは22日、ライフラインの完全ストップもありえるとして「3日分の食料・水・灯油の確保」を呼びかけている。もし予報どおりなら、混乱は必至だ。
その一方で「余裕を持って出勤するように」という経営者もいる

40年振りの寒波ともなれば会社が休みになるのでは、と期待する人は多く、ツイッターにはそんな浮ついた投稿が相次いでいる。

「大寒波マジか…会社休みになることへの期待感パない」
「『寒波が来るみたいだから週末は休みでええで』って会社からの連絡を期待している…」
「月曜も大寒波で会社休みになると予想してDVDと漫画借りまくってしまったから、大寒波、頼むぞ」

予報を基に、すでに大寒波への注意を促す会社や、出勤停止を決めた職場もあるようだ。その一方で、たとえどんなに雪が積もっていようとも、事前の準備をして通常通り出勤させようとする会社もある。

「40年に一度の災害級の大寒波が来てるってのに、『余裕を持って出勤するように』って会社から言われるの、ホントにおかしいと思うんだ」
「寒波が来ようと、何が来ようと、社長が徒歩ででも出勤してきたら、社員の出勤は無理ではなく、遅刻欠勤はマイナス査定になりやす。誰かが死ぬくらいしないと多分うちの会社は一生変わらない」

大雪の中、電車やバスを何時間も待った首都圏の会社員たちは、テレビのコメンテーターに「会社も早めに休みと言ってあげればいいのに」と同情されていた。西日本でも同じことになる前に、誰か止めてあげた方がいいのではないだろうか。

さらには電車での通勤が多い首都圏と異なり、自動車を使って通勤する人も多い地方。慣れない雪道の運転では事故に遭う可能性も高まってしまう。「40年に1度の寒波なら、40年に1回しか通じない理由で会社閉めてもいいと思うんだけど」という声もあったが、今回の対応で会社が従業員をどう思っているのか、よく分かりそうだ。

あわせてよみたい:入場規制が相次ぐ駅は「まるでコミケみたい!」
 

CareerConnection 企業インサイダー
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP