ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30代で免許がほしい!免許を取る上での注意点は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くの人は、車の運転免許を学生のうち、或いは20代で取っています。しかし、場合によっては30代になって初めて運転免許の必要性を感じ、運転免許取得を決心する人もいます。運転免許の取得に際しては、多くの人が教習所に通って免許を取ることでしょう。前述のように20代で免許を取得する人が多いため、教習所に30代の人は20代の人に比べたら少ないですが、教習所で30代で免許を取る場合どんなことに気をつければいいのでしょうか。

30代で免許を取ろう!注意する点は?


30代では難しい?

車の運転免許を取得するには学科教習と技能教習を受ける必要があります。日頃から授業や試験に慣れている学生や、つい最近まで学生だった20代に比べたら、授業や試験といった事から遠ざかった30代の方々は少々気後れすることがあるかもしれません。しかし、試験自体の難易度はそれほど高いものではありませんので、自分のペースでしっかりと知識を吸収し、技能を習得していきましょう。

追加料金は?

規定期間内に全てを修了させれば当然追加料金を取られることはありません。しかし、規定期間をオーバーしてしまった場合に、追加料金を取られる場合があります。もし、規定期間内に運転免許を取得することが難しいようでしたら、保険をかけたコースが設定されている場合もあるので、予めそのようなコースに参加するというのも一つの手です。多くの場合、料金が割高になる代わりに、規定期間内に運転免許の取得が叶わなくても追加料金が不要です。ただし、教習所によって規定が異なるので確認してみましょう。

時期はいつ頃?

8月9月の夏休み、12月の冬休み、3月の春休み等の長期休暇の期間に行くと、学生で混み合っていることが多いので、もしかしたら居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。逆に、これらの長期休暇をさけた4月からが、比較的空いている可能性が高いですのでおすすめです。

30代、合宿で免許を取ろう!


運転免許合宿のメリットは?

様々な理由から早く免許を取得したい!という方もいると思います。合宿なら14〜17泊程度で卒業することができ、食費や宿泊費込み、そして交通費も込みのところも多く、集中的に免許取得に向けて勉強できるため、一般的に通学よりも安い費用で免許を取得することが可能です。合宿であれば旅行気分を味わうこともできるので、時間のある方からすれば安い上に楽しめて一石二鳥ですね。

運転免許合宿のデメリットは?

免許合宿では、教習を短期間で集中させて運転免許取得を目指すため、最低でも2週間はまとまった休みが必要です。このため、一般的な仕事をしている方の場合は合宿に参加することは厳しいかもしれません。一方、仕事のない学生でも、いつでもその場で簡単に合宿に参加できるというわけではありません。空きがあれば合宿に参加することが可能ですが、春休み、夏休み、冬休み等の長期休暇中に免許合宿に参加したい場合は混雑が予想されるため、早めに予約をとっておく必要があります。

30代で運転免許を取得しよう!

30代で運転免許の取得を目指すことは決して遅すぎるということはありません。30代でも様々な理由で運転免許を取得する方はたくさんいるので、気後れする必要はありません。ただし、学生とは違って時間に制限があるため、通い始める時期、自分に合った料金コースなどを教習所に確認し、熟考する必要があります。もしまとまった時間が取れる方は、短期間で取得できる合宿も視野に入れることができるでしょう。自分のペースで頑張って免許取得して、晴れてドライブを楽しみたいですね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP