体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語ミーティングで使えるシーン別フレーズ集40選

英語ミーティングで使えるシーン別フレーズ集40選 f:id:careerca:20151029043752j:plain

英文メールのやりとりはいつも使うテンプレートで何とか対応できても、相手の言ったことに即座に反応しなければいけないミーティングは多くのビジネスマンにとって悩みの種でしょう。

ただ相手が主導権を握っているミーティングならまだしも、自分がプレゼンテーションをするような立場であれば、いくらか準備をしてしっかりと構成されたプレゼンを披露したいものです。

ここではそんな英語ミーティングのプレゼンテーションで使えるフレーズをシーン別でご紹介しましょう。同じような表現でも初級者向け・中上級者向けと分けているので、あなたのレベルに合ったフレーズを選んで覚えましょう。

また相手から質問が飛んできた際に使えるフレーズもあるので、プレゼンテーションの総合ガイドとして勉強してください。

シーン1:会議を始める際に使えるフレーズ

f:id:careerca:20151029043806j:plain

はじめの挨拶

<初心者向け>

Thank you for your time. (お時間をいただき、ありがとうございます)

スタンダード中のスタンダードですが、最初の一言で緊張してしまうという方はこうした簡単なフレーズからはじめると、いくらか不安がとりのぞけるでしょう。

<中上級者向け>

Thank you for joining me/us today. (本日はご参加いただきありがとうございます)

It is a great pleasure to have you all today. (本日皆様にお集まりいただいたことを光栄に思います)

少しオシャレでフォーマルな言い回しになりますが、一旦覚えてしまえばスラスラとでてくるようになるので、どちらかをマスターしましょう。

自己紹介

<初心者向け>

My name is [名前], and I am [役職] at [会社名]([会社名]で[役職]を務めております、[名前]です)

こちらも非常にベーシックな自己紹介です。ただ、ベーシックだからといって相手に下にみられるというわけではありません。大切なのはプレゼン内容ですから、フレーズを覚える自信がない方は迷わずこれを使いましょう。

<中上級者向け>

My name is [名前] from [会社名], where I am responsible for …([会社名]の[名前]と申します。…を担当しています)

自分の立場・役職を相手に伝える必要がある場合、こうして具体的な担当業務を説明しましょう。もしアジアにおける品質管理を担当しているなら、”I am responsible for quality control in Asia”となります。これはミーティング前に練習しておくといいでしょう。

シーン2:プレゼンする際に使えるフレーズ

本題に入る

<初心者向け>

Today, I am going to talk about…(今日は・・・についてお話ししましょう)

Today, I’m here to…(今日は・・・するためにお集まりいただきました)

単刀直入にその日の議題や目的を告げることで、参加者全員が同じ方向へ向かうことができます。ここでは細かい説明はあまりいれず、目的を簡潔に述べましょう。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会