体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人は知らない、隠れた芸術的な世界。アートまみれのトンネル「Graffiti tuunel」5選

壁に描かれている「グラフィティアート」は、日本ではあまり見られませんが、海外には寛容な国が多く芸術的な塗装が多く見られます。

もちろんどこでも描いていいわけではないので、建物の壁面や地面、トンネル内をアーティストに提供している場所があります。

今回ご紹介するのはその中でもなかなか目にすることのない、アートにまみれたトンネル「Graffiti tunnel(グラフィティトンネル)」。

ただ、Graffiti tunnelと検索しても日本語ページが全くヒットしないほど日本においての知名度は低いため、探すのは困難かもしれません。

しかし、この芸術を知らずして海外の町歩きはもったいないの一言に尽きます。

地下部分以外は位置情報も掲載しますので、お近くに旅行した際は是非立ち寄ってみてください。

 

Krog Street Tunnel-アメリカ,アトランタ

15789554024_4864ffbc66_k

photo by Lee Coursey

ジョージア州アトランタの高級マーケットであるクロッグストリートマーケットのほど近く、鉄道の高架下にあるこのトンネルは地元アーティストに解放されており、グラフィティを用いてイベントの告知をするなど、掲示板としての役割も一部担っています。

 

Leake Street Tunnel-イギリス,ロンドン

14499468520_faebea5d12_k

photo by Norlando Pobre

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。