体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周初日。当時24歳のわたしが、搭乗拒否をくらって空港で大号泣した話

「あなたはこの飛行機に乗ることは出来ません。」

そうして搭乗手続きの窓口を閉められた私。オーストラリアのシドニー空港で、大号泣。

 

1年暮らしたオーストラリアを出発する初日。私は、いわゆる搭乗拒否をくらいました。

人生で搭乗拒否をくらうなんて思っても居なかったのですが、今回はその時の話を皆さんに紹介したいなと思います。

 

事件は搭乗手続の窓口で起きた

airport-249529_1920

photo by pixabay

1年間のオーストラリア生活も終わり、いよいよ出国する日に。

ワーホリを終えたら世界一周すると決めて今日まで過ごしてきた私も、この頃には海外だからと怯むことなく、堂々と自分の足で立っていました。

 

「Next please!」

私の順番が来たので呼ばれた窓口へ。

プリントアウトした予約表とパスポートを提示し、預ける荷物を置きました。すると「カナダを出るチケットか日本へ戻るチケットは持ってるの?」と、少し焦った口調で聞かれました。

 

ん?勿論そんなものはありません。

だって、これから無期限無計画の旅に出るし、出国の日も決まっていなければ、陸路でアメリカへ渡ろうと考えているのだから。

それにカナダへは日本のパスポートで180日滞在出来ることを知っていたため、まだ出国の日を決めてないです。と答えました。

 

後にいくつかの質問をして、窓口のお姉さんは私のパスポートと予約表を持って裏へ入っていきました。

ドキドキしながらも、私の状況は説明はしたし、とりあえず戻ってくるのを待っておこうと立ち尽くすこと約5分間。

 

衝撃のひとこと

human-754341_1920

photo by pixabay

急ぎ足で戻ってきた窓口スタッフと、その上司のような男性スタッフが私に語りかけるように伝えてきました。

「他国へ出国するチケットか日本へ帰国するチケットを持ってないと、入国の際に拒否されるかもしれないので、あなたを乗せることは出来ません。」

 

一瞬何を言われたか分からず、ゆっくり目に聞き返しました。

そして、再びその説明を聞いた後に、状況を理解。

私がこれから世界を旅しようとしていること、陸路でアメリカへ渡ろうとしていることを話したのですが、そのチケットの提示が無ければ無理ですの一点張り。

 

私も乗せてくれなければ困るので丁寧に説明をしたのですが、状況は変わらないので、それならアメリカへは飛行機予約するからと確認して列を外れ、パソコンを開いて急いで予約手続きをしました。

 

次なるブッキングするも、スパッとお断り。

20150919 1371
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。