ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荒木経惟展「淫冬」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

荒木経惟氏の本年最初の個展となる「淫冬IMTOU」が開催。
昨夏の「淫夏」同様、インスタントフィルム作品を中心に多彩なシリーズで構成される。

INTOU_nishinosora_012_pressINTOU_nishinosora_054_press

西ノ空

2015年の個展「往生写集」の際の近作「東ノ空」は、ここ数年 毎早朝にバルコニーから撮影されたもの。
本展では、「西ノ空」がフィーチャーされます。 透き通る青空が、宵に向かうにつれ紅く染まっていく様を、ポラロイドフィルムで撮影。 陽の昇る「生」を象徴する東ノ空とは対照的ともいえる 「彼岸」を想わせる暮れなずむ夕日は、切なく哀愁深い情景を描きだす。

 

IMTOU_KIMBAKU015_press

IMTOU_KIMBAKU005_press

キンバク・エクスタシー

80年代に、作家自身によりプリントされた貴重な作品。 フランスの写真雑誌の特集のために制作されたもの。 当時のレイアウトプランや手書き原稿等も紹介されている。

 

上記以外にも、「‘時’記」(荒木氏による。日記よりスパンが短い)のように撮影された 現在進行形の作品が多数展示される。

 

IMTOU_005_pressIMTOU_007_press

IMTOU_027_pressKaoRi_001_press

KaoRi_046_pressKaoRi_047_press

KaoRiatAM001_pressKaoRiatAM002_press

 

KaoRiatAM035_press

©Nobuyoshi Araki

荒木経惟「淫冬」

NOBUYOSHI ARAKI IMTOU
会期: 2016. 2. 3. – 4. 30 13:00 – 19:00

OPEN 木曜~日曜+祝日+2/3[月曜~水曜は休館いたします]

会場: AM 東京都渋谷区神宮前6-33-14神宮ハイツ301 03-5778-3913

http://www.am-project.jp 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。