ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネットが多い懸賞 はがきタイプはライバル少なく狙い目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 余った年賀はがきで福を呼ぶ──。それが懸賞だ。懸賞の達人、“ガバちゃん”こと懸賞歴27年・当選金額3500万円相当の長場典子さんは、「最近の懸賞はネットで募集するケースが増えています。ですから、書く手間がかかるはがき懸賞はライバルが少なく狙い目です」と話す。早速余った年賀はがきを懸賞に送りたいところだが、その前にやるべきことが。

「郵便局の“お年玉くじ”を利用した企業の懸賞もあるので、年賀はがきを使う前に確認を」。たとえば、神戸ベイシェラトンホテル&タワーズでは、宿泊やディナーが当たる。他にも全国の温泉施設やスーパー、めがね店などでも、お年玉くじを使った懸賞を行っている場合があるので、調べてみよう。

 さて、ここで余った年賀はがきを活用した懸賞はがきの書き方を、長場さんにレクチャーしてもらおう。

【縦書きでも横書きでもOK。読みやすく!】
 自分の住所・氏名は、裏に書いてあれば、表は書く必要はないが、あればより親切で、好感度もアップ。「書式は縦書きでも横書きでもOKで、ルールはなし。ただし、読みやすい文字で書くのが鉄則」(長場さん、以下「」内同)。

【「年賀」の印章は消す】
 通常のはがきとして配達してもらうために、表面の「年賀」の文字は必ず消す。「シールで隠すと他のはがきに付着するなどトラブルのもと。二重線か、マークなどで塗りつぶすのがベターです」。

【郵便番号は絶対に書くこと!】
「都道府県名が書いてあっても、郵便番号は必要。相手に調べる手間をかけさせない気遣いが大切です」。郵便番号がない、または間違っている場合は、引き当てられてもボツになるケースもある。

【「行」「宛」でなく「御中」と書く!】
 専用応募はがきなどで、宛先が「~係」となっていたら、「御中」をつけ加えるのがマナー。「常識のないはがきは、抽選者に“どんな相手なのか”と不安を感じさせ、それだけで落とされることも」。

【住所はもれなく読みやすい文字で】
 当選品を送る以上、抽選者は住所の正確さをとても気にする。「印刷文字なら読みやすい。建物名も省略しないこと。連名の場合、自分の名前に〇をつけること」。

【電話番号は携帯番号も書く】
 旅行などの高額賞品は、本人と連絡が取れなければ、次の候補者にチャンスが回ってしまう。「電話に出られる日や時間帯を書き添えておくと、より好印象」。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最新年賀はがき 復興支援お年玉付やシウマイ引き換え券付も
20年で2000万円の懸賞達人 1等が魅力的なとき2・3等を狙え
総額3300万円分獲得の“懸賞のプロ”が伝授する当てる必勝法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。