ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

POP ETC 新作から「バッド・ブレイク」MV公開、日本の“カラオケ”映像がヒントに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新進気鋭のクリエイター・クリストファー・チュウ率いる、NYを拠点とする3ピース・ロックバンド、ポップ・エトセトラ(POP ETC)が、1月27日発売となる新作「スーベニア」から「バッド・ブレイク」のミュージックビデオを公開した。

このビデオは日本滞在中に日本のカラオケに行った時にアイデアを思いついたとのこと。

ヴォーカル・クリス コメント
この曲のミュージック・ビデオは日本のカラオケにインスパイアされているんだ。Galileo Galileiのカラオケの映像で、確か「Mrs. Summer」だったかな。それを僕達も真似て、90年代っぽい雰囲気で字幕を入れて、似たような演出をしてみた。日本のカラオケのビデオを見ながら歌うと、映像のチョイスがとても不思議!なんか嬉しそうに歩いてる人が出てくるんだけど、全く曲の内容とは関係ないんだよね(笑)。だから僕達もそれを真似て、そういうシーンから始めたいと思ったんだ。最初は僕達が嬉しそうにニューヨークの街を歩くところから始まるんだけど、途中で僕達のカラオケの映像を撮影しているクルーがいることに気付く。そのクルーを発見した時に、どうして僕達の映像を撮影しているのか疑問を持って、その人達から逃げようとするんだ。でも彼らは追いかけてきて、彼らに捕まってしまうと、撮影隊の一人になってしまう。最終的には僕も捕まってしまうんだけどね(笑)。そのストーリーが、曲のざわざわした感じにすごく合っていた。最初は全く別だと思いきや、実は最後の方は歌詞とマッチしてるんだ。いつか僕達のミュージック・ビデオもビッグエコーとかに入るといいな(笑)

「バッド・ブレイク」ミュージック・ビデオ

日本語でのアルバム「スーベニア」紹介

リリース情報

アルバム「スーベニア」
2016年1月27日(水)日本先行発売(海外1月29日)
SICX19 2200円+税
日本のみのボーナス・トラック3曲収録決定
解説:新谷洋子 対訳:尾崎雄貴(Galileo Galilei) POP ETCによる曲目解説も収録
<収録曲>
1.Please, Don’t Forget Me /プリーズ・ドント・フォーゲット・ミー(1st Single)
2.Vice/ヴァイス
3.I Wanted To Change The World But The World Changed Me/アイ・ウォンテッド・トゥ・チェンジ・ザ・ワールド・バット・ザ・ワールド・チェンジド・ミー
4.Running In Circles/ランニング・イン・サークルズ
5.What Am I Becoming?/ ホワット・アム・アイ・ビカミング
6.Backwards World/バックワーズ・ワールド
7.Your Heart Is A Weapon・ユア・ハート・イズ・ア・ウェポン
8.Beating My Head Against The Wall /ビーティング・マイ・ヘッド・アゲインスト・ザ・ウォール
9.Bad Break/バッド・ブレイク
10.I’m Only Dreaming/アイム・オンリー・ドリーミング
<日本のみのボーナストラック3曲収録>
11.Please, Don’t Forget Me featuring Yuuki Ozaki (Galileo Galilei)/プリーズ・ドント・フォーゲット・ミー featuring Yuuki Ozaki (Galileo Galilei)
*Galileo Galileiの尾崎雄貴日本語ヴォーカル・ヴァージョン
12.Jonathan (Live Acoustic English Version)/ Jonathan (Live Acoustic English Version)
*Galileo Galileiの曲をPOP ETCが英語カバー
13.Salvation/サルヴェイション(未発表曲)

関連リンク

POP ETC 日本オフィシャルサイトhttp://www.sonymusic.co.jp/POPETC

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP