ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ザ・ウォーク』ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが挑戦を語る「一年間仕事が無かった」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター。その高さ411m、地上110階にも及ぶツインタワーの間をワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中散歩に挑んだひとりの男がいた――。フランス出身の大道芸人フィリップ・プティの実話を映画化した『ザ・ウォーク』(原題:『The Walk』)が、2016年1月23日(土)より全国ロードショーとなります。

主演は、数々の作品に出演し、自身でも映画を制作するなど、意欲的な活動を続けるジョゼフ・ゴードン=レヴィット。今回ガジェット通信では電話インタビューを敢行。作品について、自身の過去について、色々とお話を伺いました。

【関連記事】映画『ザ・ウォーク』の地上411mを「VR体験」してみた! 一歩も踏み出せない!
http://getnews.jp/archives/1349510 [リンク]

―この物語の、どこに惹かれましたか?

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット:誰しもが夢を持っていて「こうなればいいのに」と思うだけで普通はあきらめてしまうけど、フィリップ・プティはそれを追及して、実際に成功させた。その事実に一番惹かれたんだ。

―確かに普通の人には出来ない事ですね。フィリップみたいな人間が近くにいたらあなたは止めますか?

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット:いい質問だね! 今まで聞かれたことがなかったな。命がかかっていることだから、最初は絶対に止めると思う。でも、フィリップはきっと僕を説得するだろうし、僕も「彼がやらなくてはならないことなんだ」と納得して、最後は手伝うだろうね。

―劇中に「僕はクレイジーだ」というセリフがありますが、ジョセフさんご自身が周りと自分が違うと思う所はありますか?

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット:フィリップは、あのワイヤーウォークに挑戦した当時も、そして40年たった今も自分のことを変わり者だと言っているね。僕は彼みたいに何かに命をかけて挑戦したことはないけれど、自分の仕事に対して、譲れないものや、こだわりがあるということに関しては共感する部分があるんだ。今回の作品もフランス語のイントネーションやスタントにとてもこだわったよ。

―フランス語もそうですが、実際にワイヤーウォークにも挑戦されたそうですね。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット:バランスを取るためのポールを持って、実際にワイヤーの上を歩いたよ。ハーネスを付けていたが、それは落ちてしまった時のためのもので、歩行を助けるものじゃなかった。監督の素晴らしい演出によって迫力のあるシーンになったと思うけれど、これはフィリップにとってスタントではなく芸術なんだ。僕もそういう意識で撮影に挑んだよ。

―素晴らしい挑戦ですね。ご自身の人生で一番の“挑戦”とはどんな事ですか?

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット:僕は6歳から演技の世界で生きてきたんだけれど、大学に入るため、19歳の時に一度この世界から離れたんだ。大学卒業後の20代前半に俳優業に戻ってきたんだけれど、これまでとは違う新しい挑戦をしたかったから、19歳までにやっていたテレビのコメディや学生ものはやらなかった。それで、一年間はほぼ仕事が無くて、辛い時期を過ごしたし、周りからも「前の様な仕事をすれば?」と言われたけれど、決して信念を曲げなかった。その結果、いまの僕があるから、その決断はすごく良かったと思っているよ。

―本日は素晴らしいお話をどうもありがとうございました!

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP