ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実は過酷!? 自転車通学で大変なこと <高校生実態調査>

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高校生のみなさんの通学方法として意外に多いのが、自転車通学。今回はそんな自転車通学のみなさんに、自転車ならではの苦労や通学中のアクシデントについて調査しました!

まず、自転車通学で困ることってありますか? 教えて! 「風が強いと飛ばされそうになる…」(17歳・女性) 「学校について汗が止まらない!」(17歳・女性) 「坂道が辛い…。太陽に向かって登下校するから目が開けられない!」(17歳・女性) 「あり得ないほど長い踏切が2か所もある」(15歳・男性) 「スカートがひらひら。長くすればいいのですが、ダサいからイヤ!」(15歳・女性) 「風が強い時は、歩いたほうが速い」(17歳・女性) 「風で髪の毛がぐしゃぐしゃになる…」(18歳・女性)

自転車だと早いし、荷物が重くても関係ないのでラクちんなのでは?と思っていましたが、意外に大変なことも多いんですね。

そんな自転車通学ならではの必須アイテムや気を付けていることは? 「日焼け止めは必ず!」(18歳・女性) 「腕時計は必要です。いつもギリギリに家を出るので時間を確認しながら学校に行っています」(15歳・男性) 「自転車に鍵をかけるときは二つかける!」(15歳・男性) 「スカートがひらひらしないよう、夏でもカーディガンなどでガード。かなり暑い…」(15歳・女性) 「雨に備えて、反射塗料のついたレインコート」(17歳・男性) 「夏場は汗をかくから制汗剤、汗ふきシート、タオル必須!」(17歳・女性) 「冬はマフラー、手袋、耳当て必須!」(18歳・女性)

とにかく暑さ&寒さと雨は自転車通学の大敵! それぞれの対策アイテムは必須のようですね。ただ、どんなにきちんと備えていてもトラブルやハプニングは起こるもの。みなさんが、自転車通学中に出合ったトラブルやハプニングについて聞いてみると… 「自転車のタイヤが2本ともパンクして困った」(17歳・女性) 「転んでメガネもぶっ飛んだ」(17歳・女性) 「虫が顔面直撃!」(18歳・女性) 「雨の日に、車に頭から水をかけられた」(18歳・女性) 「自転車の前を横切った猫を避けようとして、派手に転んだ」(17歳・男性) 「遅刻ギリギリで急いでいて、接触事故になりかけた」(18歳・女性) 「ぼぉーとして、対向車とぶつかりそうになった」(18歳・男性)

思わずひやりとするような場面に遭遇している人も! 遅刻しないように急いだり、部活帰りで疲れている時もあるかもしれませんが、ケガのないようにぜひ安全運転を心がけてくださいね。

アンケートデータ

※『高校生実態把握調査』インターネット調査

実施期間2015年7月30日(木)~ 2015年8月6日(木)

バックナンバー 忘れられない! 先生から言われたひどいひと言 <高校生実態調査> 年の差恋愛、上&下いくつまであり? <高校生実態調査> 彼氏・彼女から言われてうれしい一言! <高校生実態調査>

バックナンバーをもっと見る

関連記事リンク(外部サイト)

『機械科なんだから自分で自転車整備しろよ』など忘れられない! 先生から言われたひどいひと言
「金があって、おしゃれしたり、受験勉強に熱心なイメージ」(15歳・男性・山形県)など!?地方から見た“東京の女子高生”のイメージは? <高校生イメージ調査>
○○派が圧倒的!?現役高校生に聞いた、年の差恋愛、上&下いくつまであり?

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP