ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ザ・ウォーク』主演ジョセフ・ゴードン=レヴィットに直撃!「決して信念を曲げなかったから今の僕がいる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1974年当時、世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつないで、命綱なしの空中闊歩を敢行したフィリップ・プティ。誰もが不可能と思う夢を実現して歴史を変えた男を、演技派ジョセフ・ゴードン=レヴィットが熱演した。この映画『ザ・ウォーク』に惹かれた理由をはじめ、危険なスタントへも挑戦した理由、知られざる下積み期間や最新作『スノーデン』(原題)の話題まで、赤裸々に語ってくれた。

――この物語の、どこに惹かれましたか?

誰しもが夢を持っていて、「こうなればいいのに」と思うだけで普通はあきらめてしまうけど、フィリップはそれを追及して、実際に成功させた。その事実に一番惹かれたんだ。

――危険なスタントが多かったですね。トム・クルーズやジャッキー・チェン、香港俳優みたいに、あなたも自分で挑戦したいと監督に言ったとか言わなかったとか!?

トム・クルーズやジャッキー・チェンのようなことはしていないけれどね(笑)!
バランスを取るためのポールを持って、実際にワイヤーの上を歩いたよ! ハーネスを付けていたが、それは落ちてしまった時のためのもので、歩行を助けるものじゃなかった。
監督の素晴らしい演出によって迫力のあるシーンになったと思うけれど、これはフィリップにとってスタントではなく芸術なんだ。僕もそういう意識で撮影に挑んだよ。

――でもどうですか。フィリップみたいな人間が近くにいたら、止めます???

いい質問だね! 今まで聞かれたことがなかったな。命がかかっていることだから、最初は絶対に止めると思う。でも、フィリップはきっと僕を説得するだろうし、僕も「彼がやらなくてはならないことなんだ」と納得して、最後は手伝うだろうね!

――ところで劇中、「僕はクレイジーだ」というセリフがありますが、あなたが人と違う点は何だと思いますか?

フィリップは、あのワイヤーウォークに挑戦した当時も、そして40年たった今も自分のことを変わり者だと言っているね(笑)。僕は彼みたいに命をかけて何かに挑戦したことはないけれど、自分の仕事に対して、譲れないものや、こだわりがあるということに関しては共感する部分があるんだ。今回の作品もフランス語のイントネーションやスタントにとてもこだわったよ。自分でもバランスが取れているとは思わないけれどね(笑)。

――それと、『スノーデン』(原題)も含め、最近は人生綱渡りな男役が連続していますな! その理由を、これまでの俳優人生に対しての想いと絡めて教えてください。

そういった役柄が連続したことは偶然なんだが、演じた二人のキャラクターに共通して言えることは、自分の人生をかけて、勇気を持って何かを成し遂げたこと、そして変わり者ではあるけれど、ヒーロー的な要素を持っていることだね。

異なるのは、フィリップは芸術家で、スノーデンのほうはエンジニア的な人物だということだ。

僕は6歳から演技の世界で生きてきたんだけれど、19歳の時、大学に入るために一度この世界から離れたんだ。大学卒業後、20代前半に俳優業に戻ったんだけれど、新しいチャレンジをしたかったから、19歳までにやっていたテレビのコメディーや学生モノはやらなかった。

そのおかげで1年間ぐらい仕事がなくてね。つらい時期を過ごして、周りからも前の仕事をすればと言われたけれど、決して信念を曲げなかった。その結果、今の僕がいるから、その決断はとても良いことだったと思っているんだ。

――いい話ですね! 最後になりますが、AOLニュースの読者は歩けば転ぶようなか弱い男性しかいないので、ジョセフさんから元気が出るメッセージをお願いします!

そういう男性へのメッセージは……ちょっと思いつかないな、ごめんね(笑)。
残念ながら今回は日本に行けなかったけれど、『インセプション』(2010)の時に6日間だけ行ったことがあるんだ。いろんな人を見ることが好きだから、東京のような大きな都市が好きだし、ぜひまた日本に行きたいと思っているよ!

――そうですか。今日はありがとうございました!

映画『ザ・ウォーク』は、2016年1月23日(土)より、新宿ピカデリーほか<IMAX3D>全国ロードショー!

『ザ・ウォーク』は1月23日(土)より公開

■参照リンク
『ザ・ウォーク』公式サイト
www.thewalk-movie.jp

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

高さ411メートルを命綱なしで歩いてやる!『ザ・ウォーク』よりアドレナリン全開の本編映像入手
411メートルの高さにタマヒュン必至!前人未到の挑戦に手に汗握る『ザ・ウォーク』最新予告解禁
タマヒュン&ガクブル必至!クレイジーすぎる世界各地の高所映像とツインタワー頂上からの景色をご覧ください

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP