ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の絶景に心温まる・・・2016年、注目の冬イベント5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。1月21日のオンエアでは、この時期行きたい冬イベントを紹介しました。

J-WAVEの会員サイトJ-meのリスナー会員にアンケート調査を行い、世の中のトレンドを探る同企画。今回は「行ってみたい冬イベントは?」というアンケートで2,266人(有効回答数)にアンケートを行ったところ、多く支持されたのは下記の2つ。

■「さっぽろ雪まつり」(2月7日〜)
まずは、32%の会員が支持し、人気NO.1だった「さっぽろ雪まつり」。毎年、世相を反映した雪や氷の像が登場しますが、67回目となる今回は、ラグビー日本代表の五郎丸選手や、3月に開業する北海道新幹線、スターウォーズを題材にした像などが予定されているそう。

■「白川郷のライトアップ」(1月16日〜2月14日)
お次ぎは、30%の会員が支持した世界遺産「白川郷のライトアップ」。雪の積もった合掌家屋が美しくライトアップされ、幻想的な風景を見ることができます。

さらに、番組が注目する冬イベント3つも紹介しました。

■「長崎ランタンフェスティバル」(2月8日〜22日)
15日間の期間中、街中に飾られる約1万5,000個の極彩色のランタン、中国提灯、各会場のさまざまなオブジェたちが一帯を幻想的に彩ります。注目は「皇帝パレード」。清朝時代の皇帝が新しい年を祝った様子をイメージした豪華なパレードで、著名人の参加も毎年話題となり、必見です。

■横手の雪まつり/かまくら・ぼんでん(2月13日〜17日)
秋田県横手市で開催。およそ450年の歴史がある民俗行事で、「みちのく五大雪まつり」のひとつ。あたたかな灯りがこぼれる、かまくらの中では、地元の子どもたちが訪れた人々を、甘酒とお餅でおもてなし。プレイベントとして13日には撮影会、14日には、たくさんの「ミニかまくら」が市内に作られるそう。

■なまはげ柴灯(せど)まつり(2月12日〜14日)
こちらも「みちのく五大雪まつり」のひとつ。とくに見どころなのがクライマックスの、なまはげ下山。15匹のなまはげが、たいまつを持ちながら雪山から下りてくる姿は、勇ましく、とても幻想的。

どれも、この時期だからこそ見られる注目のイベント。きっと、この冬の忘れられない思い出になること間違いナシですよ!

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP