ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「やわらかい鍵盤」のシンセサイザーが凄い!ウッドベースの音程も自由自在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。

これは、ノラ・ジョーンズを発掘したとも言われている、世界最新の音楽とテクノロジーの祭典「SXSW」のアクセラレータ部門で、過去に優勝した製品。その特徴は「柔らかい鍵盤」にあります。一体どんな演奏ができるのか、動画を見てみましょう!シビれます。

ウッドベースの音を使っている最初の指使いからも分かるように、音程の間を繋ぐような演奏が可能に。触れている指を左右にユラユラさせると、音もユラユラ!圧力も感知するので、ピッチや音量がより直感的に操作できるんです。

さらに、鍵盤の上下にある平たいスペースも利用可能。指をスーっと左右に走らせれば、まるでテルミンのようなメロディにも。もちろんシンセサイザーなので多彩な音色が使えます。たとえば、こんなふうに。

生演奏のもつ、ゆらぎまで指先で表現できます。デジタルミュージックが好きな人にもたまらない操作感に。本体の黒い見た目もクールですよね。しかも、

スマホで遊べる!

無料アプリ「NOISE」をダウンロードすれば、スマホでその弾き心地を体験できます。豊富な音色を取り揃えたプリセットもあるので、これだけでも十分楽しめるはず。iPad画面のサイズなら、かなり本格的にプレイできるかも。

さて、気になるのは本体の価格ですが、トラックパッド付きの機種が、比較的手頃な価格で手に入るんです。それがこの「Seaboard RISE」シリーズ。

「やわらかい鍵盤」のシンセサイザーが凄い!ウッドベースの音程も自由自在

左手にパッドが設置されており、上から順に47鍵と25鍵仕様。それぞれ1199.99ドル(約14万円)と799ドル(9万3,500円、ケース別)。

そのほか、より多彩でパワフルな演奏が可能な上位機種「Seaboard GRAND」シリーズはコチラ。

「やわらかい鍵盤」のシンセサイザーが凄い!ウッドベースの音程も自由自在

37鍵・61鍵・88鍵と3種類。価格はそれぞれ、1,999ドル(約23万4,000円)・2,999ドル(約35万円)・8,888ドル(約104万円・送料込み)。

プロならずとも、ちょっと触って遊んでみたくなりますよね。それに、気合が入りすぎて、いつも鍵盤に指を置きながらのけぞってますーーという熱いミュージシャンには、これ以上ないピッタリの楽器では?

その他の詳細はホームページでチェックしてみて!

Licensed material used with permission by ROLI Ltd

関連記事リンク(外部サイト)

録音した音を、その場でいじって演奏できるシンセサイザー「Collidoscope」
たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
飛べる・泳げる!小さな昆虫型ロボットがまるで「天空の城ラピュタ」・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。