ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

可愛すぎてほっこり〜!昭和時代の漫画「たこきちのさんぽ」が純朴すぎて癒されるよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新関健之助(にいぜき けんのすけ)という昭和時代に活躍されていた漫画家が描いた「たこきちのさんぽ」という漫画があり、ストーリーや絵がとっても純で可愛すぎるのです。

ストーリーはタコの男の子とイカの女の子が海の中で様々な生き物と出会いながら展開されていくのですが、イカの女の子と足の本数で言い合いになったり、カニのハサミを抜いちゃったり、お父さんタコとクジラのガチンコ対決があったりと、ページ数が少ない中で様々なことが起こります。

ストレートなストーリー展開とイラストのなんとも言えない昭和の香りがとっても癒されるのです。飾り気のないところが心を引きつけるのでしょうか。

たこきちのさんぽは昭和22年に黎明社から発刊された子供向け漫画(絵本)で、近代デジタルライブラリーで全ページ無料で閲覧することができますので是非チェックしてみてください。

近代デジタルライブラリーのビューワーにはPDFファイルにエクスポートする機能もありますので、スマホに送って忙しい時、癒しの時間が必要な時に読み返してみると心がほっこりしていいですよ。

※PDFへのエクスポート方法は、近代デジタルライブラリーのビューワーのオレンジ色の「印刷する」ボタンから行えます。

近代デジタルライブラリー – たこきちのさんぽ

via: @NAM_1974

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

究極の素朴な可愛さ!清原ひとしが描いた戦前の絵本の郷愁に癒される…
鳥獣戯画がいよいよ東京に!日本最古の漫画と言われる絵巻を目に焼き付けよう
これは行くしか〜!手塚治虫が描く"美女"に迫る「手塚治虫の美女画展」開催!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。