ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8ヶ月まで続いたつわり。何度も入院して点滴、コーラとポテトで体重15kg増

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上の子を妊娠した時、うれしい反面、不安でいっぱいでした。

妊娠を喜んでいるのもつかの間、出血してしまいましたので、すぐに病院へ向かいました。

それと同時に始まったのは、ひどいつわりでした。

普段は何とも思わなかったようなものが、本当に鼻についてしかたなくて、入退院のくりかえしの生活でした。

つわりがひどいときは、無理せずに点滴が一番でした。

入院して点滴をしているときは、本当に驚くくらい楽になりました。

しかし、退院して3日もすると、もうどうにもならないくらいの吐き気で水も受け付けずでした。

つわりのときにいいものを先輩ママにいろいろ聞いたりしました。

「お風呂のシャンプーなどは、柑橘系がさわやかで気分がよくなる」

とか、

「キッチンには輪切りのレモンを置くといい」

などです。

冷蔵庫も開けられないくらい、とにかくあらゆるにおいがだめでした。

とくに一番つらかったのが、主人のひげのにおいです。

普段感じたことのない、何ともいえないにおいなんです。

今考えると笑えるんですが、当時は本当につらいにおいで・・・。

「大丈夫か?」

と背中をさすってすれるんですが、あなたのひげのにおいがつらい、なんて言えなくって・・・。

つわりのとき、一番よかったのはコーラでした。

炭酸でなんだかさわやかな気分になれましたし、ジンジャエールなんかもよかったです。

ミントの飴も妙にはまってしまったのですが、一番やめられなかったのはフライドポテトです。

いけないと思いつつも、毎日食べたくて恋しくて、コーラとポテトが寝ても覚めても私を呼んでいました。

つわりは、大体ながくても5か月にはおさまるはずですが、私は長くて長くて、8ヶ月おわりまで吐いていました。

遺伝するとよく聞きますが、母も祖母もつわりがひどく、産まれるまでつわりはおさまらなかったようです。

コーラ、ポテト、カリカリ梅がとまらなくて、臨月には15キロも増えてしまいました。

初めての妊娠で、不安で食べることがストレス発散になっていたんだと思います。

ただでさえ胸や羊水で体重が増えるのに、本当に顔もむくんでパンパンでした。

しかし、出産を終えるとあっという間にもとに戻りました。

著者:めゆ

年齢:36歳

子どもの年齢:10歳

現在子育て奮闘中です。妊娠・出産は、本当に大変でした。産まれるまで大変でしたが、今は、反抗期で苦労してます。健康で家族みんなが元気でいられることが一番をモットーにがんばります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

結婚5年目、なぜが予感がした初めての妊娠。無神経発言ばかりの実母も電話口で涙
子どもの病気に無知だった私。生後5ヶ月の娘と一緒にウィルス性胃腸炎に感染
派遣先に妊娠をいつ報告する?正社員の話をいただくも、7ヶ月まで頑張って退職へ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP