ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外出好きの私、切迫流産で自宅安静。その不安とストレスから妊娠糖尿病に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2人目妊娠中の時、24週目くらいの妊婦検診で、グルコースチャレンジテストがありました。

このテストは、サイダー水を飲み1時間後くらいの血糖値を図るものです。

この結果で妊娠糖尿病等がわかるそうです。

1人目の時は難なくクリアしたので、2人目も大丈夫だろうと思っていました。

そうしてなんとなくやったテストで、なんと陽性が出てしまいました。

身内に糖尿病の人間は誰ひとりいませんでした。

当時の私の状況は、切迫流産の真っ只中で自宅安静中でした。

出歩くのが大好きだった私にとって辛い自宅安静、しかもいつ流産するかわからない状況で、極度のストレスを抱えていました。

先生は、ストレスが原因で糖尿になったりするケースもあるからねと言い、私もまさにそれだと思いました。

1週間後に再検査がありました。

再検査の結果もやはり、陽性。

妊娠糖尿病確定でした。

病院の管理栄養士さんから栄養指導を受け、血糖値測定器を病院から借りてきました。

本当は運動もしないといけないのですが、私の場合、切迫流産で自宅安静中なので運動はできませんでした。

食事制限のみをし、食後の血糖値を測り、今後の治療方針を決めることになりました。

その結果で、入院かインシュリンかなど決まるようでした。

入院なんてなってたまるものかと思い、食事制限に挑みました。

1週間後、ドキドキしながら結果を持参すると、これなら大丈夫、この調子で頑張れと先生に言われました。

入院やインシュリンは免れ、食事制限のみとなりました。

とはいえ、ケーキや甘いものが大好きな私。

それが全く食べられないので、これまた相当ストレスになりました。

しかし、お腹の赤ちゃんのため、とにかく我慢し続けました。

30週でようやく自宅安静がとけ、軽い運動ならできるようになったので、毎食後にウォーキングしました。

おかげで、お腹の赤ちゃんは無事産まれてくれました。

産後の検診で、また糖尿病の検査がありました。

産後は、赤ちゃんのお世話などで寝不足はあったものの、ストレスは全くありませんでした。

検査は無事クリアしました。

先生からは、これからもストレスは貯めないようにねと言われました。

著者:ぼんすけ

年齢:38歳

子どもの年齢:1歳10ヶ月

当時36歳、2人目妊娠切迫流産中に妊娠糖尿病になったものの、好きなものを我慢しながら食事制限でなんとか乗り切り、無事、元気な赤ちゃんを出産した頑張り屋の母ちゃんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

33週、里帰り先の病院で発覚。赤ちゃんの心拍に乱れが!無事退院までの不安な日々
トラブル続きの妊娠生活。なんとか出産に至るも、ヘルニアの痛みで踏ん張れず。鉗子分娩に切り替え産道が裂ける!
赤ちゃんの「元気だよ」が聞きたい!不安を和らげてくれたドップラー心音計

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。