ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Netflixはマーベルのパニッシャーを主人公にしたスピンオフ作品を準備中か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ストリーミングサービス大手のNetflixは、マーベル・シリーズにおける他の作品に注目している。報道によると、『デアデビル』に登場する自警団員パニッシャーをスピンオフ作品の主人公にする準備を進めている。

しかし、ジョン・バーンサルが演じ、本名フランク・キャッスルとも知られるその役は、現在はまだNetflixのシリーズでデビューしていない。彼は、3月18日に世界同時配信がスタートする『デアデビル』のシーズン2で登場する予定だ。

Netflixとマーベルは、『The Punisher(原題)』のスピンオフについてコメントを控えた。本誌ヴァラエティの姉妹サイトであるTVLineが最初に記事にした。

『The Punisher(原題)』は、『デアデビル』、『ジェシカ・ジョーンズ』、まもなく公開の『ルーク・ケージ』、『アイアン・フィスト』、『ディフェンダーズ』に続く、Netflixで6作目のマーベル・シリーズとなるだろう。

Netflixは視聴数を公開しないのが通例だが、昨年、本誌ヴァラエティにより公開されたデータによると、『デアデビル』はNetflixの中で最も人気のある番組の一つである。公開されてから最初の11日間で、会員の10.7%が少なくとも1つのエピソードを鑑賞した。米テレビ局NBCが発表した数字によると、『ジェシカ・ジョーンズ』は大人18歳−49歳を対象とした35日間の視聴サイクルの間、平均して480万の視聴があり、その期間では最も観られた番組として1位を獲得した。

Netflixは数字に対するコメントを控えているものの、データの情報源はストリーミングサービスでのマーベルの成功を示している。Netflixはまもなく彼らの番組リストに『The Punisher(原題)』を追加するだろう。

追記:
Netflix(ネットフリックス)のコンテンツ最高責任者テッド・サランドスは、カリフォルニア州パサデナで行われたテレビ批評家協会(Television Critics Association)のプレスツアーで、ジョン・バーンサルが演じるパニッシャーを主人公としたスピンオフシリーズ『The Punisher(原題)』についてはコメントしなかったが、オリジナルのマーベル・シリーズ5作品の配信に引き続き注力すると述べた。同日のパネル・ディスカッションにて、バーンサルを含む『デアデビル』に出演する俳優陣とプロデューサー陣は、そのスピンオフ作品について尋ねられた。しかし、彼らは「それはマーベルさんが判断することであり、私たちの問題ではない。私たちはフランク・キャッスル(パニッシャーの本名)をこの世界に招待するのを光栄に思っている」と語り、質問への回答を避けた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP