ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒澤明対勝新太郎 撮影現場で勃発した巨匠と天才のガチ喧嘩

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和の時代には、各界に“ドン”や“天皇”と呼ばれるような天才・異才がいた。中でも世界を魅了したのが映画監督の黒澤明であり、俳優の勝新太郎。その2人によるガチンコバトルが、『影武者』の撮影現場で勃発した。

勝新太郎:「俺は出ないよ」

黒澤明:「監督が二人いたら映画はできない。だから降りてもらうことに決めた」【出典:田崎健太著「偶然完全 勝新太郎伝」(講談社+α文庫)】

 1979年、黒澤ファンであり、また自らも映画監督である勝は、並々ならぬ演技プランを描き『影武者』撮影に臨んだはずだった……自分の演技を確認するためのビデオカメラの持ち込みを黒澤に拒絶されるまでは。結局どちらも折れることなく、勝は降板した。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故勝新太郎さん 生前中村玉緒に残していたラブレターの内容
映画撮影でNGを連発した・加藤武 三船敏郎がくれた水に感激
安倍首相 政治家になっていなければゴッドファザー4監督も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP