ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解散報道で木村拓哉自宅前にファン集結「祈りを捧げに来た」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの解散報道にファンたちも動揺を隠せない──。要塞のようなダークグレーの大豪邸の前で、4人組の女性は歩みを止めた。ある者はじっと家を眺め、ある者は祈るように手を合わせる。

「ここに来てもどうこうなるわけじゃないけど、いても立ってもいられなくて…」
「すべては彼にかかってるんでしょう? “みんなをまた結びつけてください”って、祈りを捧げに来ました」

 そう話す彼女たちはみな、木村拓哉(43才)のファンだった。都心の一等地に建つ木村の自宅前では、解散報道の出た1月13日以降、こうした光景が日常と化している。

「彼の自宅はファンの間では有名ですからね。地方ナンバーの車なんかも来てます。みんな何をするわけでもなく、しばらく自宅を眺めては帰って行くんです」(近隣住人)

 静まり返る自宅を前に、女性たちもきびすを返す。

「(工藤)静香さん、今、どういう思いなんだろう…」

 去り際に、そんな声が聞こえた。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新幹線だけじゃない 注目の九州観光列車&特急列車
沢尻エリカがストーカー被害に 自宅のゴミを漁られていた
被災地の建築士 津波で流された自宅を自力で改築し暮らす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP