ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メリー副社長支持の工藤静香 マネジャーにとって因縁の相手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの解散報道にまで発展したSMAPのジャニーズ事務所からの独立騒動。ある芸能関係者の証言によると、昨年秋にジャニーズ事務所の顧問弁護士が中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(41才)、香取慎吾(38才)の4人に意思確認をしたところ、“育ての親”と言われる女性マネジャー・I氏(58才)とともに独立したいとの意志を表明。一方、木村拓哉(43才)は事務所残留の意志を固めていた。

 独立騒動の表面化以降、メディアは連日連夜メンバーの動きを追い続けてきたが、その視線は木村の妻、工藤静香(45才)にも向けられた。一部で『静香が黒幕』と報じられたからだ。事務所残留を決めた木村の言い分は「今まで育ててくれた事務所に恩がある」というものだが、もうひとつ理由があった。

「静香さんから“事務所に残って”と説得されたそうです。2人の娘は14才と12才。まだまだお金のかかる年齢です。万一、独立したあと仕事がうまくいかなかったらどうするのか。家族の将来を考えてほしい、と静香さんは訴えたといいます。SMAPの中で“パパ”は木村さんだけですから、その点、彼は他のメンバーとは立場が違った。それに、静香さんにはマネジャーのIさんではなくメリー(喜多川)さんと古くからの縁があり、メリーさんと対立する立場にあるIさんとの独立を支持するわけにはいかなかったのです」(静香を知る芸能関係者)

 女たちの相克をひもとくために、時計の針を16年前に戻す。

 木村と静香が結婚したのは、2000年12月。交際1年半でのデキ婚だった。ふたりの交際に最も反対してきたのがI氏だった。

 木村にはそれまで9年にわたって交際してきた一般人の恋人がいた。“カオリン”の愛称でファンからも認められた存在で、1995年には木村の口から交際宣言もなされた。

「元モデルで、手足の長いスラリとした美女。木村は合鍵を渡し、長く同棲していました。決して表に出てくることはありませんでしたが、ファンの間では、言わずと知れた存在で、“彼女との結婚なら”と納得していたほど。事務所もまた、相手が彼女であれば許すしかないだろうという姿勢で、人気絶頂のスーパーアイドルだったにもかかわらず“別れなさい”と言われることがなかった」(木村を知る芸能関係者)

 しかし、1999年8月にふたりは破局。当時、木村は本誌の独占インタビューに応じ、こう心境を語っていた。

「空虚感、ですかね。それがないといったら嘘になります。もちろん、子供同士ではない大人同士がお互いに話し合って決めたことですから、納得はしているんですけどね…」
「これだけ愛した女性は初めてでした。今は恋愛することが難しいですね。まして結婚なんて想像もつきません」

 静香との交際は、カオリンとの破局後間もなく発覚した。

「Iさんは当時のふたりの交際に猛反対でした。“それだけは絶対許さない!”とすごい剣幕でした。ジャニーズでは一般人はもとより、芸能人との結婚なんてあり得ませんでしたから。ファンが第一。ファンを裏切ってはいけないから、と。万が一、芸能人との結婚が許されたとしても、とりわけIさんにとってどうしても許せない相手が静香さんでした」(芸能関係者)

 当時の静香は恋多き女性で知られていた。自身の恋愛を隠すことなく堂々と振る舞う彼女の姿に憧れの声も多かったが、一方で木村ファンからの悲鳴も増えていった。

 交際発覚後、静香は木村の好きなまぐろ料理をホームページにアップしたり、木村のジャンパーを着て報道陣の前に現れたこともあった。

「マネジャーの使命はタレントのイメージを守ることですから、いくら言っても聞かないふたりにIさんは苦々しい思いを抱えていました。それに、静香さんは、かつてIさんが担当していたジャニーズの別のアイドルとの噂も2~3度あった。ある意味、Iさんにとって静香さんは“因縁の相手”だったんです」(前出・芸能関係者)

 しかし、ふたりは交際発覚翌年に結婚した。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
工藤静香 ディナーショー大人気で「ポスト聖子」の地位獲得
テレビ局共演NGリスト 芹那と大倉忠義、壇蜜と橋本マナミも
工藤静香 ディナーショーで結婚記念日を忘れたエピソード披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP