ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エム・ソフト、地図とエアタグで名所や観光地を検索できるAndroidアプリ「かんぷら」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エム・ソフトは 1 月 21 日、地図とエアタグで名所や観光地を検索できる Android アプリ「かんぷら」をリリースしました。「かんぷら」は、観光スポットの検索機能、AR 機能、スタンプラリー機能、フォトフレーム機能を搭載した観光地検索アプリです。アプリは「観光地をゆったり、ぷらっと歩く」をコンセプトにしており、アプリをインストールしたスマートフォンを持って現地を歩きながら地図でスポットを検索して名所や観光場所を探していきます。アプリで見つけたポットは、概要やアクセス方法などを確認できるほか、現在地からの距離も確認できます。また、ルート案内機能を利用してナビを実行したり、スポットのスタンプラリーを行うこともできます。また、アプリにはスポットで配布されているパンフレットをカメラでスキャンすると、スマートフォン上で動画を視聴できる「AR 動画」機能や、観光地のフォトフレームで記念撮影できる「フォトフレーム機能」もあります。アプリの対応言語には日本語以外にも、英語、中国語、韓国語も対応しているので、外国人観光客でも使える内容となっています。うことが可能です。「かんぷら」(Google Play ストア)

■関連記事
サンコー、携帯ゲームとスマートフォンを同時に持てる「ゲームしながら通話セット」を発売
FonePaw、2016新春福袋 & 初売りセールを実施中
有名アプリ「Link Bubble」がオープンソース公開、今後は「Braveブラウザ」に名称変更?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP