ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャノン、Androidの画面ミラーリングにも対応したポータブルプロジェクター「C-10W」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キヤノンマーケティングジャパンは 1 月 20 日、スマートフォンやタブレットとの相性も良さそうなコンパクトで軽量なポータブルプロジェクター「C-10W」を発表しました。発売時期は 2016 年 2 月上旬です。C-10W は、質量 260g と軽量なボディを採用したバッテリー内蔵型のプロジェクター製品です。プロジェクターの解像度は 854 x 480 ピクセルで、最大輝度はポータブルプロジェクターにしては平均的な 100 ルーメンとなっています。この製品では、30cm の距離で 9.3 インチ大、5m の距離では 158 インチ大のサイズで投映できます。C-10W には HDMI 入力端子が備わっていますが、Wi-Fi a/b/h/n(2.4GHz / 5GHz)の無線 LAN にも対応しており、Android 4.2.2 以上のミラーリング機能を利用すると、スマートフォンの画面をそのまま投映できます。C-10W の価格はオープンとなっていますが、予想実勢売価は 49,800 円 + 税とのことです。Source : キャノン

■関連記事
サンコー、携帯ゲームとスマートフォンを同時に持てる「ゲームしながら通話セット」を発売
FonePaw、2016新春福袋 & 初売りセールを実施中
有名アプリ「Link Bubble」がオープンソース公開、今後は「Braveブラウザ」に名称変更?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP