ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コロッとしててカワイーーーッ!干支の動物が底面にあしらわれた錫製の「干支ぐい呑み」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

干支ぐい呑み、と聞いていったいどんなぐい呑みなのか?と思いましたが、まさかこのようなユニークな形だとは思いませんでした。

ぐい呑みをひっくり返すと干支の動物が現れる、とっても可愛らしいぐい呑みなんです。

干支ぐい呑みは現在、寅・卯・辰・巳・午・未・申が用意されており、2016年の干支である申年も含まれているのは嬉しい限り。

底面にあしらわれていてもちゃんと置けます。

干支ぐい呑は冷酒を注ぐとひんやりと冷たくなり、熱燗を注ぐと程よい温かさになるという特徴のある錫(すず)製。殺菌効果や鮮度保持の機能も兼ね備えているんだとか。

この干支ぐい呑みは大正5年(1916年)創業、富山県高岡市で高岡鋳物を製造する「能作」が手がけています。「能作」という会社を聞いたことがことがある方もいるかと思いますが、そう、先日Japaaanで紹介したガンダムとシャアザクの「錫製ぐいのみ」を製作した会社でもあるんです。

頭部がぐい呑みに!富山高岡鋳物とのコラボ、ガンダムとシャアザクの「GUNDAM 錫製ぐいのみ」


これまた大胆なデザインのコラボぐい呑みが登場です。今回紹介するのは機動戦士ガンダムのガンダムとシャア専用ザクの頭部がまるっとぐい呑みのデザインに採用されたアイテム。「GUNDAM 錫製ぐいのみ…

干支ぐい呑の内側には金箔があしらわれたものも用意されており、干支の動物に金箔という祝いの贈りものとして最適なアイテムになっています。

干支ぐい呑みは3,780円。金箔があしらわれたものは5,670円でオンラインで購入可能となっています。

能作|本錫の酒器・片口・ぐい呑:職人.com

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

頭部がぐい呑みに!富山高岡鋳物とのコラボ、ガンダムとシャアザクの「GUNDAM 錫製ぐいのみ」
[写真レポート1] 開催中!国内最大級の着物イベント「きものサローネ」を写真たっぷりでご紹介
今度は渋谷にオープン!時間無制限で日本酒100種飲み放題のKURAND3号店

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP