ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼女に気づかれないように「148日間プロポーズ」し続けた男性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うのは、彼のユニークなアイデアを紹介したいから。

ハラハラドキドキ148日間、
“隠し撮り”プロポーズ大作戦

イギリス北東部グリムスビーに暮らすレイ・スミスさん。恋人のクレアさんにプロポーズするのに、あるとっておきの秘策を用意していました。プロポーズは12月25日のクリスマス。その日まで、毎日プロポーズの言葉を書いたメッセージカードを彼女に内緒で写真にしのばせること。

「Will You Marry Me ♡(ボクと結婚してくれる?)」

“絶対にバレてはいけない”プロポーズ写真プロジェクトは、2015年7月31日こうして幕を開けました。

最初は遠目から。クレアさんの死角を巧妙に狙っての撮影が続きます。

レストランではコースターの背後に隠して。これなら、彼女から見えるはずもありません。

レイさんのプロジェクトには、会社の同僚たちも喜んで参加してくれたようです。

クレア、レイと結婚してあげてね!」

なんと…Wオメデタだった!

そして…9月にはこんなうれしいメッセージも。じつは、クレアさんが6月に妊娠したことをキッカケに、彼は正式に結婚を決意したんだそう。後日、クレアさんは「Mirror」の取材に、こうコメントしています。

「産まれてくる赤ちゃんのために、何か思い出を作りたいって言ってましたけど…まさかこんな方法とは」

そうなんです、レイさんはこのプロジェクトを母になる彼女と、産まれてくる赤ちゃんに捧げようとしていました。ゆえに、絶対にバレてはいけない。そして、失敗は許されない。

次第にエスカレートする
メッセージング(笑)

さて、毎日の撮影で要領を掴んだレイさん、日を追うごとにメッセージカードの見せ方が大胆になっていきます。

次第に大きくなり始めたクレアさんのお腹。

ふたり揃ってのハロウィンでも。

ときには、寝ている間にこんなイタズラ。

クレアさん、後ろうしろ(笑)!

もはや、バレないのが不思議なくらい。

階段をの登るのも一苦労といったところのクレアさん。あれ、メッセージカードが…分かりますか?彼女の背後、“キリン”が加える白い紙。

こんな調子で、おふざけ半分なレイさん。
でも、いよいよプロジェクトは大詰めを迎えます。

サンタへ最後のお願い
そして…運命の日

そして、サンタさんに最後のお願い。この日のカードにはこんな一文が添えられていました。

「サンタへ。クリスマスにボクが欲しいのはただひとつ。クレアからの“YES”の言葉です」

プロポーズ前日。5ヶ月を共に過ごし、思い出の詰まったカードとバラ一輪。片膝をついた彼は、最後の自撮りに挑みました。

「ボクと結婚しよう…」

続きは動画で。と行きたいところですが、実は13分45秒に及ぶ超大作は、クリスマスイブを最後に写真はおしまい。プロポーズを受け入れた直後のふたりの素敵な笑顔は、見るまでもないでしょう?

蛇足ですが、クレアさん。この148日間、全く気づかずに写真を撮られていたんですって!



Reference:Mirror,Metro
Licensed material used with permission by Ray Smith

関連記事リンク(外部サイト)

【実験動画】見ず知らずの外国人がいきなり「プロポーズ」。その時、女性の反応は?
うつ病の妻を励ます夫からのサプライズ「キミを愛する15の理由」
【奇跡の一枚】北極圏の近く(-40℃)でお茶をバシャ!

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP