ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューヨーク市、1月20日を「デヴィッド・ボウイの日」に ボウイ作舞台作品の最終公演日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現ニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏が、同市における1月20日を「デヴィッド・ボウイの日(David Bowie Day)」にする事を宣言した。

 自身69歳の誕生日あたる1月8日に28作目のアルバム『★』(読み方:ブラックスター)をリリース後、1月10日にこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。同作は1月30日付けビルボード全米アルバム・チャートで、ボウイのキャリア史上初となる1位を獲得。日本でも1月25日付けのビルボードジャパン<Hot Albums>で5位という結果を残した。

 ビル・デブラシオ氏の声明文は、ニューヨーク・シアター・ワークショップにて上演されている、デヴィッド・ボウイによって共同制作された舞台作品『ラザルス』の1月20日、最終公演のカーテンコールの際に読まれる予定。なお、米ローリング・ストーンによると、シカゴでは9月23日が「David Bowie Day」であることが、2014年に制定されている。

◎リリース情報
『★』(読み:ブラックスター)
2016/01/08 RELEASE
SICP-30918(CD) 2,500円(tax out.)
iTunes:http://apple.co/1l8CLCl

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ビーバー 洋楽チャート歴代記録更新ならず!ボウイの楽曲TOP20圏内に7曲エントリー
ゲス乙女。 ヒット曲収録の話題作が首位、デヴィッド・ボウイ遺作が急浮上
【米ビルボード・アルバム・チャート】デヴィッド・ボウイ TOP5圏内にダブル・エントリー、新作が主要各国でNo.1デビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP