ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サム・スミス、ロンドンで友人が受けた差別に“深いショック”を受ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グラミー賞シンガーであり今年のアカデミー賞にもノミネートされているイギリス人シンガー、サム・スミスが1月19日、ある友人が「ロンドンで差別的な言葉を受けた」とするツイートを投稿し、インターネット上で話題になっている。

 「僕の友達がロンドンで差別的な言葉を浴びせられたんだ。全く何も言えないよ」とツイートしたスミスはその後、「ここでそんなことが起こるなんて、全くもって考えたこともなかった。完全に言葉を失うし、傷ついている」、「僕はこの件について何か明かりを当てなければいけないように感じている。その状況で警察は全く助けにならなかったし、僕は深いショックを受けた」などとツイート。

 今回の経験が大変ショックだった様子で、「人間は人間だ」や「僕は何か言わなきゃいけないと思う。ただとにかく気が動転しているんだ。物凄くね」と綴っている。

 また、今回の状況におけるサウンドトラックについても触れ、「今家に帰ったらラジオからニーナ・シモンが流れている……ぴったりだ」とも綴った。

 米ビルボードではサム・スミスの代表に対し、詳しいコメントを求めているもののまだ回答は届いていない。

◎サム・スミス・ツイッター・アカウント
https://twitter.com/samsmithworld

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ヴァンプス 来日時にミート&グリート開催決定!応募は1/26まで
“ネクスト・アデル”!? 期待の19歳SSW、ラプスリーが3月にデビュー・アルバムを発売
ニューヨーク市、1月20日を「デヴィッド・ボウイの日」に ボウイ作舞台作品の最終公演日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP