ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

牛すじ煮込みが絶品!まるでタイムスリップしたような福生の居酒屋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

福生は音楽の街でもあります。ブルースフェスティバルやロックフェスティバルが行われていたり、THE STREET SLIDERS生誕の老舗ライブハウスUZUをはじめ、音楽を楽しめるお店があります。福生エリア音楽のある店・聴ける店MAP「FUSSA AREA MUSIC MAP VOL.2」に載っていた「アンティークダイニング甘蔵」に行ってきました。

MAPにはオールディーズが楽しめるお店と紹介されていました。でも、この日の店内のBGMはJAZZ。

店名どおり、アンティークな人形や雑貨がたくさん飾ってありました。ストーブは現役。

雛人形は店内のいろんなところに飾ってありました。「実はお客さんがいなくても、うちのお店は賑やかなんです」と、ちょっと怖いことも聞いちゃいました。う~ん、納得できちゃう。

オープンテラスのような中庭。夏場はビールがおいしく飲めそうですね。

夏場は週末中庭でライブが行われているそうです。更に蔵が2つ! どちらも築100年以上の本物の蔵。それが個室として利用できるようになっています。

お店の2階は旅館のような落ち着いた雰囲気。

お店の外観からは想像つかない和の空間が広がるお店でした。早い時間で、まだお客さんが少なかったので、いろいろ見学させてもらいました。あんまりお腹が空いていなかったので、軽く一杯。

お通しは、おくらの煮びたし、つくね、鰤の照り焼き。最近お気に入りの知多があったのでハイボールで。お店のおススメ「牛筋煮込みとクリーミーマッシュポテト」開店以来の人気NO.1メニューだそうです。

780円でこのボリュームは凄い! 牛筋はとろとろ。

定番以外の本日のメニューは、こんな感じ。福生の酒蔵の日本酒も置いていました。獺祭や新政NO.6など、プレミアム日本酒も! お料理もお酒もこだわっています。でも、やっぱりこのお店の一番の特徴はタイムスリップしたような店内の雰囲気でしょうか。アメリカのイメージが強い福生に、こんな和の居酒屋があるなんて。福生、面白い街です。

[寄稿者:さとちん]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/satochin/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP