ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5分の自家発電で1時間利用可能!「AMPWare」が予約受付開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホの電池切れに備え、モバイルバッテリーを持ち歩 く人もいるだろう。しかし、そのモバイルバッテリーだって、使えば減る。

だが、このほど登場したiPhoneケース「AMPWare」なら根本的解決が図れそうだ。というのも、ケース背面に備わったハンドルを手で回せば、いつでも発電してiPhoneを充電できるのだ。

・災害時に威力発揮

手動で発電するという発想は新しいものではない。すでにライトやラジオでこの手動式が商品化されている。

これらのメリットは緊急時や災害時に、電源がなくても使えるということ。AMPWareも同様にいざという時に活躍する。

・5分の自家発電で1時間分

開発元によると、ハンドルを5分回すだけで、スマホを通常使用した時の1時間分の電気を発電できるとのこと。スタンドバイ状態だと5時間はもつという。

電圧は5v、最大電流は1000mAとなっている。

ハンドルを収納と聞けば、さぞ重いだろうと思うかもしれないが、重さは110グラムと許容範囲内と言えそう。厚さは1.85センチとなっている。

AMPWareはiPhone6・6S用。現在サイトで予約を受け付けていて、プレオーダー価格は79ドル(約9200円)となっており、黒、グリーン、オリーブグリーンの3色が用意されている。

災害の多い日本、こうしたグッズを用意しておいて損はないだろうし、普段からこまめに自家発電して充電するというのもありだろう。

AMPWare

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP