体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Slideの写真共有サービス「Pool Party」を使ってみた

写真共有サービス「Pool Party(http://www.poolpartyapp.com/)」への招待が申請者に対して送付されています。「Pool Party」は、Googleが買収したSlideチームによるサービスで、現在のところ招待制で提供されています。サービスを利用できる専用アプリがAndroidとiPhone向けに提供されています。招待を受けた方はアプリでアカウントを作成できます(Googleアカウントとは紐付かないようです)。

上図左がアプリのトップ画面。「Pool Party」ではカメラで撮影した写真や保存済みの写真をアップロードするための”Pool”と呼ばれるアルバムをまず作成します(上図中央)。作成したPoolに他のユーザを”メンバー”として追加することで追加したユーザがPoolの写真を閲覧したり、写真にコメントを付けたりできます。Poolに対する変更履歴(投稿写真やコメント、メンバー追加)を”Activity”画面で確認することができます(上図右)。

メンバーはPool単位で管理できます(上図左)。Poolの更新をプッシュ通知することこもできます(上図中央、右)。プッシュ通知はPool単位でON/OFF可能なようです。

1日のActivityがメールで通知されたりもします。この機能は良いですね。サービスとしてはGoogle+と似ています。Pool Partyは写真の共有に特化したといった感じでしょうか。Pool=サークル、Activity=サークルのストリーム。Pool Partyのアカウントを登録すると15名まで招待できるようになります。更新1:写真のアップロードやActivityの閲覧はPool PartyのWEBサイトでも行うことができます。 


(juggly.cn)記事関連リンク
ViewSonic、Intel Atom Z670 1.5GHz搭載タブレット「ViewPad 10pro」の発売を発表、Android 2.3とWindows 7のデュアルOS構成に
Cyanogen(Steve Kondik)氏がSamsung Mobileに入社
Sony Ericsson、コンパクトな物理キーボード搭載モデル「SK19i」を開発中?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。