ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ViewSonic、Intel Atom Z670 1.5GHz搭載タブレット「ViewPad 10pro」の発売を発表、Android 2.3とWindows 7のデュアルOS構成に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米ViewSonicは8月15日、Android/Wndows 7デュアルOSのタブレット「VewPad 10pro」の発売を8月下旬より発売すると発表しました。ViewPad 10proはIntel Atom ”Oak Trail” Z670 1.5GHzを搭載する端末で、AndroidがWindows 7上でアプリとして動作することから、端末の電源をOFFにすることなくOSを切替えることができます。ViewSonicはViewPad 10proを今年5月のComputex Taipei 2011で発表した際、搭載するAndroidのバージョンを2.2(Froyo)としていましたが、今回の発表ではAndriod 2.3(Gingerbread)にアップグレードされています。スペックは10インチWSVGA(1,024×600)ディスプレイ、静電容量式タッチパネル(マルチタッチ対応)、Intel Atom”Oak Trail” Z670 1.5GHz、DDR2 RAM、32GBのmSATAインタフェースのストレージ、前面に130万画素のカメラ、HDMI出力端子やフルサイズのUSB端子、マイクロSDカードスロット(32GBまで)、10.8V/3,500mAhのバッテリーなどを搭載。駆動時間は1080pフルHD動画時で約4.5時間。発表されたモデルの通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRのみ。ViewPad 10proのメーカー希望小売価格は Windows 7 Pro、32 GB SSD:$699 Windows 7 Home Premium、16GB SSD:$599 ドックステーション:$59Source : MarketWire(プレスリリース)


(juggly.cn)記事関連リンク
Slideの写真共有サービス「Pool Party」を使ってみた
Cyanogen(Steve Kondik)氏がSamsung Mobileに入社
Sony Ericsson、コンパクトな物理キーボード搭載モデル「SK19i」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。