ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

理系女子「6つの恋愛傾向」LINEでの連絡がとにかく苦手・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近よく耳にする「リケ女」と呼ばれる理系女子。ここでは、そんな彼女たちの恋愛傾向を紹介します。

当然のことながら、これらはすべての「リケ女」に当てはまるわけではありません。ただし、男性が「一般的な傾向」として理解しておくぶんには、損はないと言えるのでは?

理系女子に見られる特徴について

理系女子の恋愛傾向を知るには、まず理系女子に見られる特徴を知る必要があります。理系女子のおおまかな特徴は以下の通り。
この特徴から理系女子の恋愛傾向が浮かび上がります。

論理的に物事を考える
探究心が強く、向上心がある
集中力があり、粘り強く熱心である
感情に左右されにくく、冷静である
目標を目指して真面目に努力する
現実的な考え方をする
大勢よりも、一人で静かに過ごすことを好む

1.恋愛をうまく進めることが苦手

理系女子は、学生の頃から男性の多い環境で過ごしているため、男性とのコミュニケーションは苦になりません。しかし、対等に仲良くなってしまうため、恋人になるまでに遠回りしたり、恋人になっても友達の延長線上のような関係が長く続く場合があります。

そんな理系女子に対しては、男性がうまくリードしてあげる必要があるでしょう。

2.恋愛に淡泊で、愛情表現があっさりしている

理系女性は、冷静で感情に流されにくいことから、恋愛には淡白な傾向があります。特に、付き合い始めの頃はそのような傾向が強く表れるでしょう。

もちろん、本当に好きになれば淡白ではなくなりますが、恋愛のエンジンのかかりは遅めと言えるかも。

3.恋愛にマイペースで現実的な行動をとる

恋愛をすると、多くの人は相手のペースや気持ちに合わせようとするはず。でも、理系女子は、決して感情的にならず、事実をしっかり見つめようとする傾向があるため、マイペースで現実的な行動をとります。

女性に見られがちな、感情に任せて怒る、急に不機嫌になる、といったことは少ないため、男性からすると付き合いやすいかもしれません。

4.好きな人ができても感情を表に出さない

理系女子は論理的で感情をあまり表に出さない傾向があります。
もし恋愛感情が高ぶっても、理性が働き、感情を抑えるのです。理系女子との恋愛では、相手に恋愛感情がなさそうに感じても、諦めずにアプローチを続けましょう。

5.出会いは多いが友達どまりで恋愛に発展しない

一般的に、理系は女子が少なく男子が多いもの。だから、必然的に出会いは多いと言えるでしょう。

しかし、理系女子は身近にいる男性を恋愛対象ではなく、友人として仲良くなってしまうことが多い。なかなか、恋愛には発展しにくい場合が多いようです。

そんな彼女たちと付き合いたいと思ったときは、強引にアプローチすることも必要でしょう。

6.恋愛に時間を多く避けない事情がある

そもそも理系の授業は実験が多く、そのレポートなどもあります。文系女子と比較すると、忙しい学生生活を送っていると言えるかも。

そのため、電話やLINEといったこまめな連絡を期待しすぎてはいけません。連絡をしたくないのではなく、する「余裕がない」と思って、大目にみてあげることが必要です。

関連記事リンク(外部サイト)

理系男子に共通する7つの恋愛傾向
話題の「モグラ系女子」って、どんな特徴があるの?
自覚症状は一切ナシ!ぶりっ子「7つの特徴」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP