ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP極秘会合 草なぎ「香取と行動」で香取「中居に任せた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本中の注目の的となっているSMAPの解散報道。発端となったのは“育ての親”と言われる女性マネジャー・I氏(58才)のジャニーズ事務所からの独立問題だ。中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(41才)、香取慎吾(38才)の4人が、I氏とともに独立する意向を示したのに対し、木村拓哉(43才)1人がジャニーズ事務所残留を表明。その結果、円満独立が果たせなかったというのだ。

 タレントの上下関係やスタッフとの結束を重視し、「鉄の掟」で知られるジャニーズ事務所サイドからしてみればI氏や中居の行動は“反逆”に映った。SMAPと事務所の契約は基本1年契約で、9月に更新の予定だったが、「そんな画策をするなら契約更新を待たずにさっさと出て行って!」とジャニーズ事務所の副社長メリー喜多川氏(89才)も態度を決めたという。

“SMAPの解散もまったく構わない”という状況にI氏や中居は慌てた。事態を重く見た芸能界の重鎮が4人を事務所に戻すよう調停に動いたが、一度は独立の意思を固めた4人に対し、メリー氏はあまりにも虫がよすぎると“絶対に戻さない”と態度を硬化させた。

 メリー氏の状況を知り、マスコミは「解散」を報じたが、I氏や中居らはすぐさまその翌日に「SMAPの解散はない」という記者会見を開こうとした。ちょうどその日が『SMAP×SMAP』の収録日だったこともあり、会見の情報がスポーツ紙や週刊誌を駆け巡った。

 しかし、それも数時間後には「会見は開けない」と急転。それは、SMAPの活動を続けたいという4人の希望を、メリー氏が受け入れなかったからだったと噂された。

「その時点では解散は不可避と見られていて、万が一可能性があるとすれば、4人が直接ジャニーさんとメリーさんに謝罪することしかなかった。しかし、リーダーの中居はもちろん一度反旗を翻したと見られてしまった香取や草なぎ、稲垣にとっては“行くも地獄”“戻るも地獄”の選択です。4人のメンバーとIさんは土壇場でとことん話し合ったそうです」(芸能関係者)

 そして、1月14日に4人とI氏による極秘会合が行われた。その場でI氏は、「迷惑をかけた」と芸能界からの引退を宣言し、「SMAPを続けてほしい」と4人に話した。動揺する稲垣、草なぎ、香取を、リーダーの中居がまとめた。

「草なぎは香取と一緒に行動すると言った。香取はもともと年の離れた中居に意見を言える関係ではないので、中居に任せた。中居のいちばんの思いは他のメンバーのためにもファンのためにも“SMAPを続けたい”ということ。そして木村に許しを請う電話をかけたんです」(前出・芸能関係者)

 何度もかけ直し、ようやく電話に出た木村に中居は「もう一度、5人でSMAPをやりたい」と伝えた。木村は何も言わず中居の言葉にうなずいたという。

「木村の胸中は複雑だった。一度はIさんや4人と別れることを覚悟していたからです。それでも気持ちを反転させ、4人のために動くことに決めました」(前出・芸能関係者)

 1月17日、『SMAP×SMAP』での生放送会見前日、主演する時代劇映画『無限の住人』のロケで京都に滞在していた木村はロケ現場からメリー氏に電話をかけ、「4人をグループに戻してほしい」と直談判した。

 木村の働きかけで、17日夜に4人とメリー氏の会談が実現した。4人のメンバーはメリー氏に「どうしても戻りたい」と直接謝罪の思いをぶつけた。これで、SMAPは“再生”した。だが、激動の一年は今、始まったばかりだ。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SMAP分裂 出ていく4人が得る利益は決して多くない
SMAP解散騒動 局スタッフ「去年秋から木村拓哉浮いていた」
今井雅之さん 親友・中居のカラオケ中、トイレに逃げたことも

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP