ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首や背中の痛みを根本的に改善!生体医学の教授らが作った姿勢強制ウェアラブル端末「ALEX」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやパソコンを使う際、気づかないうちに首を曲げた状態で使ってしまい、首や背中が凝っている人は多い。

マッサージをして患部をほぐしたり薬を飲んでも、一時的には楽になるが、姿勢が悪ければ元に戻ってしまい、その場しのぎに過ぎない。

そんな問題を根本から改善するべく、生体医学の教授やエンジニアチームが開発した姿勢強制端末が「ALEX」だ。

姿勢をトラッキング、スマホで確認できる

Alexは重さが25グラムの両耳の後ろにかける端末で、首の後ろでセンサーが傾きを検知。首が傾いた姿勢が続くと端末が震え、姿勢を正すように促してくれる。

2時間充電すれば、1日10時間の使用で1週間使うことができる点も実用的だ。

この端末はアプリと連動しており、姿勢のトラッキングが行えるので、自分がどういった姿勢で1日を過ごしたかが一目瞭然。最終的な目標は、この端末なしでも正しい姿勢を身につけることだそうだ。

開発した理由は?

開発したチームによると、その場しのぎで痛みを和らげる端末ではなく、パソコンやスマートフォンの使用による根本的な健康問題を解決するべく、約2年間かけてこの端末を作り上げたとのこと。

医学的な研究によると、悪い姿勢がストレスや憂鬱さの原因との見解もあり、継続して使うことで体の変化を実感してもらいたいそうだ。

価格や発送時期は?

ALEXは現在Kickstarterで出資を募っており、49ドル(約5700円)から購入が可能で、発送予定時期は2016年の5月を予定している。

安い値段とは言えないが、首や背中に痛みを抱えており、毎月マッサージに行くような人であれば、根本的に問題を改善するべくこの端末を購入してもよさそうだ。

ALEX , Wearable posture tracker and coach

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP