ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3年続けてお参りすれば金運UP?!「金華山黄金山神社」で開運しよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

聖武天皇の時代に国内で初めて金を産出し、それを朝廷に献上したという伝説が残る島。そんな歴史のある島にある金華山黄金山神社は、金運UPに効果のある神社として有名なスポットです。

自分で事業を営む方やどうしても成功させたい仕事があるサラリーマンの方、はたまたお金を貯めたいと考えている方など必見のスポットです。

1.金華山黄金山神社

お金に困らない人生を願い、3年続けてお参りするべし。

厳島などと並ぶ、日本五大辯財天の霊地

牡鹿半島突端に浮かぶ島

島内には野生の鹿や猿が棲んでいます。

「神の使い」とされる鹿に出合えたら運気アップ!

行きづらい場所だからこそ、ご利益に期待大です。

約1260年前の聖武天皇の時代に、 国内で初めて金を産出し、 朝廷に献上したという伝説が残る島。金を司る金山毘古神(かなやまひこのかみ) ・金山毘賣神 (かなやまひめのかみ) をご祭神とし、金運・開運の神様である辯財天 (べんざいてん) を守護神とすることから、「3年続けてお参りすれば 一生お金に不自由しない」と言われています。

自分で事業をおこなっている方、サラリーマンで仕事で成果を出して給料UPにつなげたいと考えている方、または奥さんが旦那さんのお仕事での出世をお願いするなど、こちらにしっかりと続けて通ってお願いすれば金運UPとして結果につながるかもしれません。

「三年連続御朱印帳」1000円 (御朱印料別途1回500円)

※祈祷された人のみ授与が可能

金運のお守り「金運巾着守」700円

金運のお守り「小判守」500円

またこちらで七福神おみくじ(200円)を引いて中に辯財天が入っていると「福銭」がもらえます。運よくゲットしたら財布に入れて持ち歩くようにしましょう。ちなみにお金が入ってきて安定するのは、緑色の財布なんだそうですよ。

長いあいだつかってボロボロになってしまっている財布を変えたいと思っている方など、こちらに訪れる前に新しい財布を購入していくとさらにいいかも!? 金華山黄金山神社

TEL/0225-45-2301

住所/宮城県石巻市鮎川浜金華山5

営業時間/8時30分~17時※ただし金華山行の船の時間により変動あり

定休日/なし※ただし船の運航状況により島へ渡れない場合あり

アクセス/JR石巻駅よりミヤコーバス鮎川港行きで1時間30分、終点より徒歩すぐの鮎川港定期観光船発着所より金華山モーターボートで15分、金華山港で下船して徒歩10分(金華山港からは神社の送迎車を利用)

「金華山黄金山神社」の詳細はこちら

2.牡鹿鮎川浜仮設商店会・おしかのれん街

お土産はこちらで揃えましょう♪

お土産はオリジナル日本手ぬぐいなどが人気

そしてこちらの神社の近くには牡鹿鮎川浜仮設商店会・おしかのれん街があります。鮎川港近くにある仮設商店街で鮮魚店や飲食店、土産物店など12軒が集まり、捕鯨の町・鮎川浜ならではの珍しい鯨製品をはじめ、鯨の寿司や地元で人気のラーメンなどが堪能できます。

お土産にはオリジナル日本手ぬぐいなどが人気です。金華山黄金山神社に訪れた際はこちらにも寄って現地ならではのモノを食べたりご家族や友人へお土産を購入するのもオススメです。 牡鹿鮎川浜仮設商店会・おしかのれん街

TEL/090-3641-1474(石森政成商店会長)

住所/宮城県石巻市鮎川浜湊川1-12

営業時間/11時~17時(店舗により異なる)

定休日/不定

アクセス/電車:JR石巻駅よりミヤコーバス鮎川港行きで1時間30分、終点より徒歩すぐ

車:三陸道石巻河南ICより1時間

駐車場/50台

「金華山黄金山神社」の詳細はこちら

まとめ

以上、金運UPで有名な宮城県の「金華山黄金山神社」を紹介しましたがいかがでしょうか。船で島へ渡って神社へお参りするなど、なかなか行きづらい場所ではありますがそんな場所だからこそご利益にも期待できるかもしれません。

新年最初の旅行に、鮎川港の近くにある仮設商店街にも立ち寄って金運UPをかねた旅行へ出かけるのもいいかもしれません。お参りして、石巻ならではの美味しいモノも食べてと、楽しい旅行にしてください。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

じゃらんユーザー5756人が選んだ!人気温泉地ランキング関東編
一世一代の大勝負に勝てる!?「鹿島神宮」のご利益で起業や出世の成功を祈願!
いちごは絶品!鹿児島県・いちき串木野と日置で冬の観光ドライブ2コース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP