ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】アダム・ドライバー扮するカイロ・レンが、スターキラー基地に潜入捜査

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米NBCのコメディバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で、アダム・ドライバーは映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のカイロ・レン本人として司会者を務める、というちぐはぐなテーマにも関わらず、米映画界トップの悪役スターである彼の手堅いコメディセンスを披露した。大企業のトップたちが素性を隠し、“見習い”として自社の現場に潜入し、問題点などを調査する人気リアリティ番組『アンダーカバー・ボス 社長潜入調査』で、ドライバーはマットという男に成りすまし、スターキラー基地に潜入した。

マットは出来の悪い電子技術者という設定だが、彼のカイロ・レンとしての強烈な個性により、徐々にクルーに素性を知られてしまう。

別のパートでは、同じように上手くいったというわけではなかった。ラブコメディ・ドラマ『GIRLS/ガールズ』に出演したときのドライバーは、コメディ的な傾向のある役どころだった。しかし、米国のおかしな猫を紹介するコーナー『America’s Funniest Cats(原題)』の司会者としてのドライバーは、セシリー・ストロングとケイト・マッキノンという猫に詳しいフランス人ビデオコメンテーターとして生意気なパフォーマンスを見せたが、ざっくり言えば無理のあるものだった。また、ドライバーは自身の海兵隊員時代の写真を公開し、そのあまりにも若い姿に、観客から「おぉー」という感嘆のコメントを集めた。「どうやら、海兵隊員は12歳の子供を受け入れるみたいだね」と、彼はジョークを飛ばした。

番組は、米フォックス・ビジネス・ネットワークのモデレーターを務めるマリア・バーティロモ、ニール・キャビュート、カイル・ムーニーらと共に、パッとしない最近の共和党の議論から始まった。

1月10日(現地時間)に亡くなったシンガーのデヴィッド・ボウイが、『サタデー・ナイト・ライブ』に出演した際の心に残るパフォーマンスの全てが公開される機会は逃したが、コメディアンで俳優、ミュージシャンのフレッド・アーミセンは、彼に追悼の辞を述べ、映像で「彼はテレビでのライヴ・パフォーマンスを変えた」と語った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP