ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒岩知事が神奈川の胃がん検診改革を宣言 胃カメラ重視へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年4月から、厚労省は自治体の胃がん検診の指針を改定し、内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)を加える。発見率はバリウム検査の3倍。期待が高まっているが、内視鏡検査を導入できる自治体は一部にとどまる見込みだ。改革の先陣を切る自治体はないのか。『バリウム検査は危ない』(小学館)の著者・岩澤倫彦氏(ジャーナリスト)は、攻めの医療改革で知られる神奈川県の黒岩祐治知事に緊急インタビューを実施した。

 * * *
 フジテレビの報道番組キャスターだった黒岩知事は、同局のディレクターだった筆者の大先輩にあたる。

黒岩「岩澤さんが書いた『バリウム検査は危ない』を読んで、重要な仕事をなさったなと感銘を受けました。真摯な調査報道です。

 実は数年前まで私は毎年バリウム検査を受けていましたが、最近は内視鏡検査に切り替えました。個人的な感覚ですが、やっぱりバリウム検査は体に無理がある、と感じたからです。(検査後に)バリウムを体外へ出す苦痛は、便の通じが良くない人にとって大変な負担。内視鏡検査にしてからは、不安、恐怖感はなくなりましたね」

 厚労省の指針は、自治体の胃がん検診にバリウム検査のみを推奨してきた(今年度まで)。そうした中で、自治体トップの黒岩知事がいち早く内視鏡検査に切り替えていたのには驚いた。

◆「胃カメラは苦しくない」

 これまでレポートしてきたように、バリウムが体内で固まって腸閉塞や大腸穿孔(せんこう ※胃や腸の壁に穴が開いた状態)となり、死者も出ている。健康な住民が対象の検診で、そうしたリスクがあっていいのだろうか。

黒岩「重篤な事故も起きていますが、平成23年度に自治体で実施されたバリウム検査約379万件中、重篤な偶発症(検査や治療において生じる副作用などの不利益な事象)は9件。死亡例はないと聞いています。

 偶発症になったご本人にとっては大変な問題ですが、検査全体が大変危険というレベルではないと考えている。いずれにしても、より安全な検査方法に移行すべきです」

 黒岩知事の挙げた数字はその通りだが、厚労省によると、平成24年度の重篤な偶発症は17人、死亡1人。平成22年度は22人中、死亡1人となっている。

 また、重篤な偶発症のすべてを自治体が把握しているわけではない。平成23年度、PMDA(医薬品医療機器総合機構)に報告されたバリウム検査の重篤な偶発症は、大腸穿孔や腸閉塞など58人(うち1人が死亡)。一部に企業健診も含まれる数字だが、より実態を反映しているだろう。

 一方、今年4月から導入される内視鏡検査に対しては、漠然とした恐怖感を抱いている人は少なくない。黒岩知事もその1人だった。

黒岩「自分が体験するまでは、胃カメラを体に入れるのは苦しいだろうと思っていたんです。受けてみると、麻酔で苦痛はありませんし、検査中に内視鏡の画像を自分でチェックできるので、非常に安心できます。実際に私の検査中に気になるところがあって、組織を内視鏡で採取して検査(生検)したんですね。お陰様で問題は見つかりませんでした。

 これがバリウム検査だと、異変がわかってから内視鏡検査、と二度手間になる。バリウムのような検査後の苦痛もないので、内視鏡の普及は加速すべきだと思います。ただし、医療に100%の安全はない。内視鏡でも偶発症事故はあるので、安全対策が課題ですね」

◆バリウム中心でいいのか

 内視鏡検査の普及とともに必要なのが、「胃がんリスク検診」の導入だと筆者は考えている。

 胃がんの99%は、ピロリ菌が原因だ。加えて胃粘膜の萎縮が進むほど、胃がんが発生しやすい。そこで、ピロリ菌感染と胃粘膜の萎縮度を血液検査で判定したうえで、必要な人だけが内視鏡検査を受けるのが「胃がんリスク検診」だ。

 神奈川県横須賀市では、バリウム検査で胃がん発見ゼロの年が相次ぎ、「胃がんリスク検診」に切り替えたところ、1年間で108人の胃がんが発見された。

 一方、黒岩知事は「未病を治して、健康で長生きできる社会」を提唱している。「未病」とは、体の状態を「健康」と「病気」の二つに分けるのではなく、その間にグラデーションのように変化していく段階があると捉える考え方だ。「未病」を治すと、高い効果や医療費低減が可能になるという発想で、リスク検診の手法と合致しているように感じられる。

黒岩「リスク検診と『未病』は、考え方の方向性が同じです。『未病を治す』うえで一番大事なのは、まず自身の未病状態を把握すること。不安があれば自分で精密検査を選択していく自己管理が必要です。自分で判断し、選択していくということ。今、これがやっぱり必要なんじゃないでしょうか。

 神奈川県は『未病=ME-BYO』のコンセプトを世界に向けて発信していますがこのMEには、自分という意味も込められているんです。自分の体のことを、医療機関に丸投げして“先生判断してください”では、超高齢化社会を乗り切ることはできません」

 胃がんリスク検診なら各個人が自身のリスクを把握できる。意識が高まり、低迷が続く受診率の向上につながる可能性もある。

 だが、厚労省は死亡率減少効果のエビデンスが不足している等の理由で、リスク検診を指針に加えていない。神奈川県がそこに風穴を開けることはできないか。

黒岩「胃がん検診は過渡期にあります。エビデンスを取った上での胃がんリスク検診と内視鏡検査の方向に加速していくのがいいと思っている。そのためには人材確保、体制づくりが必要です」

 黒岩知事は拙著『バリウム検査は危ない』を読んで、現在のバリウム検査中心の胃がん検診のあり方について、担当部局に検討を指示したという。

 神奈川から胃がん検診の改革が始まることを強く期待したい。

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
胃がんの早期発見に有効な内視鏡検査 重要な3つのポイント
ピロリ除菌治療で胃がん予防 5年で4200億円の医療費削減可
胃癌患った外科医 「時代遅れのバリウムより内視鏡検診を」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP