ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビシリーズ『フルハウス』のクリエーター、オルセン姉妹の『フラーハウス』への出演を希望

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Netflix(ネットフリックス)が配信するテレビシリーズ『フルハウス』のスピンオフ版『フラーハウス』で、オルセン姉妹はミシェル・ターナーを演じないというニュースを世界中が耳にしたが、まだ希望はあるようだ。

オリジナルの出演者の中で、メアリー=ケイト・オルセンとアシュレイ・オルセン姉妹のみが続編に出演しないが、『フルハウス』のクリエーター、ジェフ・フランクリンは1月17日(現地時間)にカリフォルニア州パサデナで行われたテレビ批評家協会(Television Critics Association)のプレスツアーで、姉妹に恨みはないと報道陣に語った。

フランクリンは「私たちは全員、姉妹が戻ってくるように説得を試みたが、彼女たちは戻らないと決断した」と言い、「いつの日か2人が考えを変えて、戻ってきてくれることを期待している。2人のどちらか1人でいいんだ!」と、述べた。

もちろんNetflixは、『フラーハウス』の第2シーズンについては言及していない。しかし、少なくともフランクリンによると、様々な噂や世界中に多くのファンがいること(そして、ストリーミング配信サービスが評価を公開しないと決定したこともある)を受け、このホームコメディの現代版は1シーズン以上のテレビシリーズとなりそうだ。

オルセン姉妹が『フラーハウス』に参加しないことについて、フランクリンは「全員が参加しないけれど、家族が再び結成されているのは確かだ。私たちは彼女たちを愛しており、ドアはいつでも開いている。彼女らが戻ってくることを望んでいる」と、述べた。

もっと見る:オルセン姉妹が『フルハウス』の続編に出演しない件の詳細が明らかに

本シリーズの初回エピソードで、ミシェル・タナーはまるでオルセン姉妹の実際の私生活のように、ニューヨークでファッションブランドを立ち上げていると扱う。

フランクリンは「皮肉ではない」と述べ、「冗談半分のウィンクだよ」と、不和はないことを示した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP