体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独身者200人に聞いた!実家に帰って「ホッ」とする瞬間は

独身者200人に聞いた!実家に帰って「ホッ」とする瞬間は

一人暮らしをしていると家事をすべて自分でしなければならない。大変ではあるが、その分自由気ままに生活ができてラクだろう。しかし、たまには実家が恋しくなることもあるハズ。一人暮らしの人は、実家とどのくらいの距離感を保っているのだろうか?
男性よりも女性のほうが実家の両親と連絡を取っている

今回は、20~39歳の一人暮らしをしている独身の男女200人に実家に関するアンケート調査を実施。まずは、実家の親とどのくらいの頻度で連絡を取り合っているのかを回答してもらった。

Q. 日ごろ、実家の両親とどのくらい連絡を取っていますか(単一選択)

・ほぼ毎日(8.5%)
・週2~3回程度(14.0%)
・週1回程度(18.5%)
・月に数回程度(20.0%)
・月1回程度(10.5%)
・2カ月に1回程度(6.0%)
・3カ月に1回程度(2.0%)
・ほとんど連絡しない(8.5%)
・気が向いたときだけ連絡する(6.5%)
・まったく連絡しない(5.5%)

もっとも多かったのは「月に数回程度」(20.0%)で、次点は「週1回程度」(18.5%)、「週2~3回程度」(14.0%)と続き、比較的頻繁に連絡を取っているようだ。しかし、男女別の結果(下表参照)を見ると、男性と女性で頻度が異なっている。

「ほぼ毎日」や「週2~3回程度」、「週1回程度」は、男性よりも女性のほうが多いのに対して、「ほとんど連絡しない」や「気が向いたときだけ連絡する」、「まったく連絡しない」は、男性のほうが多い結果となった。女性は実家や親のことが恋しくなることが、やや多いのかもしれない。

【図1】約8割の女性は、最低でも1カ月に1回程度は実感の親に連絡を取っているようだ(SUUMOジャーナル編集部)

【図1】約8割の女性は、最低でも1カ月に1回程度は実感の親に連絡を取っているようだ(SUUMOジャーナル編集部)実家に帰りたい頻度、「いつも」「たまに」を合わせると4割強

さらに詳しく調査するため、実家に帰りたいと思う頻度についても、あてはまる項目をひとつ選択してもらったので結果を見てみよう。

Q. 実家に帰りたいと思う頻度はどのくらいですか(単一選択)

・いつも実家に帰りたいと思う(4.0%)
・たまに実家に帰りたいと思う(39.5%)
・何か用事があるときだけ実家に帰りたいと思う(32.5%)
・用事があってもあまり実家に帰りたいとは思わない(9.5%)
・まったく実家に帰りたいとは思わない(14.5%)

結果は「たまに実家に帰りたいと思う」(39.5%)が最も多くなった。「いつも帰りたい」(4.0%)と合わせると、半数近くの人が定期的に実家に帰りたいと思っていることになる。また、「何か用事があるときだけ実家に帰りたいと思う」(32.5%)といったような人も3割ほどいた。生活に疲れると実家に帰りたくなる

実家へ帰りたいと思うタイミングは人それぞれだが、具体的にはどんなときに実家に帰りたいと思うのだろうか? 複数項目を用意し、あてはまる項目すべてを選んでもらった。TOP10のランキングは以下の通り。

Q. どんなときに実家に帰りたいと思いますか(複数選択)

1位:毎日の生活に疲れを感じたとき(忙しいとき)(24.5%)
2位:連休や長期休暇で暇があるとき(19.5%)
3位:母親のご飯が食べたいとき(18.0%)
4位:お正月やお盆、クリスマスなど季節イベントがあるとき(13.5%)
5位:風邪を引いたとき(13.0%)
5位:親の様子を知りたいとき(13.0%)
7位:とにかく寂しい気分になったとき(10.5%)
8位:地元の友達に会いたいとき(10.0%)
9位:悩みがあるとき(9.0%)
10位:実家の周りの風景を見たいとき(8.5%)

1位は「毎日の生活に疲れを感じたとき(忙しいとき)」(24.5%)。仕事などが忙しくなると体力的にも精神的にも疲れてしまう。そんなときは実家へ帰って、リフレッシュしたくなるのかもしれない。

2位は「連休や長期休暇で暇があるとき」(19.5%)。実家が自宅から近ければ気軽に帰ることもできるが、距離があると簡単には帰りづらいため、年末年始などの連休を数日間使って帰る人も多いようだ。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。