ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松下電器VSダイエー テレビ値引販売で揉め和解に30年要した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビジネスの世界では、メーカーと小売店が価格を巡って激しい攻防を繰り広げることは決して珍しくない。しかし、高度経済成長期の真っ只中に大ゲンカを繰り広げたのが、松下電器を率いる松下幸之助氏と、ダイエーの中興の祖・中内功氏だ。それは当時の発言にも表れている。

松下幸之助 「適正な利益をあげ、それを国家、社会に還元することが、企業にとっての 社会的な義務である」

中内功 「ダイエーの存在価値は、 既存の価格を破壊するところにある」【出典:松下幸之助著『実践経営哲学/経営のコツここなると気づいた価値は百万両』(PHPビジネス新書)、中内功著『わが安売り哲学』(千倉書房)】

 1964年、テレビの値引き販売に端を発しダイエーと松下電器(現パナソニック)が決裂。商品出荷停止、裁判所への告訴など、「流通革命の旗手」と「経営の神様」は決して歩み寄らなかった。1969年、中内は経済誌のインタビューでも「松下幸之助は古い」などと批判している。1989年、松下幸之助の葬儀の際に意を翻し取引再開を求めるも、松下側はこれを拒否。両社の和解は1994年まで待つことになる。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本
天才的コピーライターでもあった松下幸之助 伝説の三行広告
パナソニック創業理念 松下幸之助が語った「水道哲学」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP