ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP解散騒動 局スタッフ「去年秋から木村拓哉浮いていた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 解散報道に揺れるSMAP。彼らの育ての親と言われる女性マネジャーのI氏(58才)の独立問題は、『週刊文春』(2015年1月29日号)が報じたジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川氏(89才)のロングインタビューがきっかけで明らかになった。そこでI氏はメリー氏から「次期社長は娘のジュリー(副社長)。対立するならSMAPを連れて出ていってもらう」と断じられている。

「SMAPと事務所の契約は基本、1年契約です。昨年9月にも更新があった。その時にIさんとSMAPの独立話が持ち上がったが、木村にその意思がないために、その話は立ち消えになったはずだった」(テレビ局関係者)

 中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(41才)、香取慎吾(38才)の4人は、I氏が独立するならそれについて行くという意志を事務所に伝えていたとのことだが、木村拓哉(43才)は同調しなかった。

 I氏にとってみれば、木村が首を縦にふれば、メンバー揃って円満に独立できるという思惑があったのかもしれない。芸能界の大御所社長や政財界の大物一族に、「SMAPの独立をどう考えるか」という相談を持ちかけたという。

「SMAPは2020年の東京五輪関連の仕事が決まっています。その事業には有力な政治家や財界人がかかわっている。それもあってIさんとしては多少のことでは解散にはならないという計算もあったでしょう。でも、そんな動きが周囲からは“クーデターを画策している”と映ってしまったのでは」(民放関係者)

 中居もまた、立ち消えになった独立話を進めるような相談を周囲にしていたという。

「『笑っていいとも!』で中居や草なぎ、香取を育てたといっていいタモリさんに相談したと聞いています。その縁で、大物芸能事務所関係者がSMAPの独立の手助けに動き出したという具体的な話も飛び交いました。条件は“SMAPが5人全員揃っていること”だったので、結局は実現しませんでした」(前出・テレビ局関係者)

“木村のせいで”円満に独立できなかったという空気は昨年秋から徐々にメンバー内で流れはじめた。

「たしかに昨年9~10月、ジャニーズ事務所の顧問弁護士が中居ら4人と1時間程度の面会で今後の意思を確認したところ、基本的に“I氏と独立したい”とのことだった。一方で当初面会にも応じず、態度を保留していた木村は、中居から“ハッキリさせよう”と詰め寄られて、ジャニーズ事務所に残ることを決めました。そこで路線の違いが決定的になりました」(前出・芸能関係者)

 テレビ局スタッフはこう証言する。

「去年の秋ごろからメンバーが共演する番組で完全に木村さんだけが浮いている感じでした。歌の収録でもなぜか木村さんだけ踊りが合わないことが多かった。木村さんは曲中でアドリブ的なフレーズを入れることが好きだったけど、それも少なくなった。トークのあるコーナーで中居さんが木村さんに話を振ることも明らかに減った。もともとこの15年ほど、木村さんと中居さんはめったに口を聞いてなかったですが、2人の関係は目に見えて悪化していました」(前出・スタッフ)

 木村にとってもI氏は恩人であることには変わりはなく、他のメンバーと同じように恩義も感じている。SMAPのなかで絶対的な二枚目のポジションを確立させ、「キムタク」像を作り上げたのもI氏の手腕。

 だが、木村が他のメンバーと違うのは、妻を持ち、2人の娘のパパだということ。ジャニーズ事務所から独立して仕事が減っている先輩も少なくない。「独立という冒険は難しい。どうしてこのままではいけないのか」──メンバーとの溝に木村は「もう疲れた」と漏らしていた。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松本人志「解散したくないなら木村に謝れ」と中居正広に助言
SMAP分裂 出ていく4人が得る利益は決して多くない
今井雅之さん 親友・中居のカラオケ中、トイレに逃げたことも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP