ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秘島でフォトウエディングはいかが?隠れた楽園「ペルヘンティアン島」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。たびせんに加盟しているマレーシア専門旅行会社「エムアールシージャパン」です。

皆さんは、マレーシアの隠れた楽園「ペルヘンティアン島」を知っていますか? 日本からマレーシアの首都クアラルンプールまで6時間、翌日に国内線で1時間、さらに港町まで送迎車で40分後、リゾート専用スピードボートで30分…。遠路遥々と到着したペルヘンティアン島は、マレー半島の東海岸のクアラトレンガヌ諸島の最北沖合にあるサンゴ礁の島で、クチル島(小さな島)とプサール島(大きな島)の2つの島から成り立っています。

アジアなのにもかかわらず、日本から向かうと1日+半日もかかるマレーシアの秘島の魅力は、一面真っ白に広がるビーチとエメラルドグリーンの海。ここはモンスーン(偏西風)の影響を受ける12〜2月は閉鎖してしまうので、3〜11月の期間限定!

本当は心の中だけにしまっておきたい秘密の島なのですが、TRiPORT読者のあなただけに、そっとご紹介します。

2016年のイチ押しリゾート!

まずはペルヘンティアン島のビーチ沿いに数件立ち並ぶリゾートの中から、2016年のイチ押しリゾートをご紹介。この楽園のクチル島にあるリゾートホテル「BuBu Resort」は、ブブロングビーチリゾート38室、ブブヴィラ16室の完全プライベートな空間。

楽園という名に相応しい自然と一体化した素朴な造りでありながら、ファシリティと極上のインターナショナル料理を堪能できる穴場リゾートです。利用者からの評判も良く、ペルヘンティアン島の中でも口コミ上位にランクインしています。

秘島でフォトウエディングはいかが?

美しい秘密の島で、フォトウエディングはいかがでしょうか? ハワイやグアムも素敵ですが、みんなと同じ場所での撮影じゃ物足りない人にはぴったり! マレーシア、しかも孤島の秘密の島でフォトウエディングなんて…、マニアックすぎて一生の思い出になること間違いなしです。

マレーシア国内でのフォトウエディングを企画する「Asian Joy Wedding社(AJW)」は、日本のウエディング会社に勤務されていたYOSHIDA MAIKOさんが、マレーシアに惚れ込み、マレーシアで起業したウエディングコンサルティング企画会社です。

ペルヘンティアン島をもっと知ってほしいという想いから、AJW社と当社(エムアールシージャパン社)は日本のお客様向けに、ペルヘンティアン島で行うフォトウエディングを企画しました。憧れの海外で、しかも誰も知らないマレーシアの島での撮影! 帰国後、みんなを驚かせたい人におすすめです。

日本人ウエディングコンサルタントと現地プロカメラマンが一緒に同行するという究極のサポートで、あなたをお出迎え。

この島で行うフォトウエディングは海と青い空、白い雲とビーチに囲まれ、ナチュラルな笑顔を残すことができます。これから長く連れ添う二人の思い出の島として心に残し、いつかまた二人で訪れる…。長年連れ添ったパートナーには、日ごろ感謝の気持ちを込めて、もう一度プロポーズ…。

ペルヘンティアン島を、そんな二人だけの思い出の島にしてみてはどうでしょうか。何もない島だからこそ心が開放され、素直に語り合うことができるかもしれません。

(写真・文:マレーシア専門旅行会社「エムアールシージャパン」)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP