ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝、布団からでられない人を強制的に起こす!上に載らないと鳴りやまない目覚ましマット「Ruggie」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こう寒い季節には、毎朝寝床から起き出すのが辛い……という人も多いだろう。寝過ごしてしまうと良いスタートが切れず、1日の予定が狂ってしまいがちだ。

そんな残念な朝の習慣を変えたいあなたには、「Ruggie」がよいかもしれない。

ベッドの脇に置かれた「Ruggie」は、一見するとインテリアの一部のように見えるが、実は“ラグマット型アラーム”。ユーザーが上に乗らない限り、アラームが鳴り止まないようになっている。

・タッチセンサーとLEDディスプレイを搭載

ラグマットの大きさは40×60センチメートルで、目の詰まった高密度の反発形状記憶性パッドは、もっちりと肌触りのよい感触。

内部にはタッチセンサーが内蔵され、角のあたりはLEDディスプレイになっている。このディスプレイ部分に、現在時刻などの情報が表示される。

ラグマットのカバーのファスナーを開けると、中には操作パネルが隠されており、表示やアラーム時間設定などを変更することが可能だ。

・3秒以上乗らないとアラーム音が止まらない

「Ruggie」のアラーム音を止める方法はただ1つ、きっかり3秒以上、ユーザーがラグマットの上に乗ること。これで、自然とベッドから起き出さざるを得ないというわけだ。

また、タッチするとLEDディスプレイが作動するようになっており、20秒後に自動消灯するので、夜間に起き出す際の一時的なライトとして利用することもできる。

・PCに接続可能

本体にはUSBポートが搭載されていて、パソコンに接続し、自然音やお気に入りの曲、目覚まし用のメッセージなど、好きな音楽を目覚まし音に設定することが可能。単3電池で動作し、およそ1年は電池がもつという。

現在、クラウドファンディングKickstarterで出資を受け付けている「Ruggie」は、早くも目標金額5万カナダドルに対し、4倍以上の資金を集める人気ぶりで先行予約の82ドル(約9600円)が売り切れ、110ドル(約1万3000円)から購入できる。

朝布団から出られない……人に最適な目覚まし時計といえそうだ。

Ruggie

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP