ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなた“人間”ですか? 侵略系SFスリラー『スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町』 怪しい人間の見分け方は……「ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ごく普通に見える人たちが、実は“人でない何か”だったら? 知らぬ間に“何か”に侵略されていた町の恐怖を描くSFスリラー『THERE ARE MONSTERS』が、邦題『スナッチャーズ・フィーバー』として1月23日より日本公開です。

主人公は、映画撮影のためにとある町を訪れた4人の学生たち。彼らは町の様子をビデオカメラに収めていきますが、次々と不可解な現象に巻き込まれ、この町の人々がなにかおかしいことに気づき始めます……。この町の人々は、もしや“人間”ではないのか? だとすれば、“人間”にとって代わったのはなんなのか……? この映画で「危険であり、気をつけるべき」とされる人は以下のとおり。

1.背中を向けて直立している人
2.笑顔が不自然な人
3.仮面をかぶっている人
4.最近記憶をなくしがちな人
5.物凄い速度で走ってくる人

この映画は、登場人物の手持ちのビデオカメラで撮影されたPOVスタイル。今作を手がけたカナダの新鋭監督ジェイ・ダールは、同タイトルのショートフィルムが評判となり、それを長編化。著名なキャストもなく低予算でありながら「あまりに恐ろしい」と評判を呼び、ついに日本上陸というわけです。是非劇場でこの町の恐怖をご体験くださいませ。

映画『スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町』は1月23日より、ヒューマントラストシネマ渋谷『未体験ゾーンの映画たち2016』特集上映にて公開です。

予告編が表示されない方はこちら


※予告編、非常に怖いのでお気をつけて

<ストーリー>
課題作品を制作するため車で取材旅行に向かう、映画学科の大学生4人。順調に始まった撮影だったが、道中彼らは不気味な兆候に次々と遭遇してゆく。弁当箱に詰められた不気味な物体。豚の仮面を被った子ども。奇妙なメイクをした双子。背を向けて直立する人々。救いを求める少女…。
見えない脅威と深まる謎、仲間への疑心暗鬼。一見平穏に見えたこの町で何が起きているのか?狂っているのは自分たちなのか?パニック寸前の彼らを尻目に、事態は確実に、そして急速に進行していく。

監督・脚本:ジェイ・ダール/出演:クリスティン・ランジール、ガイ・ジャーメイン、マット・アムヨット、ジェイソン・デイリー
2014年/カナダ/カラー/ビスタ/デジタル/95分/原題:THERE ARE MONSTERS 配給:ポニーキャニオン 

公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016[リンク]

(C) 2014 Northeast Films Inc.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP