ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20代が身につけたいスキルは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社会で生き抜いていけるスキルを20代のうちに身につけておきませんか?会社や学校だけでなく、友達関係、家族関係にも役立てられるようなスキルを身につけることができれば、人間関係のおいての悩みも軽減されます。そんなスキルをご紹介します。

20代で身につけたいスキル


コミュニケーション能力

人と接する仕事に就く人はもちろん、日常生活においてもコミュニケーション能力は大切です。人間関係を円滑にすることはどんな場面でも求められるスキルです。簡単に始められる笑顔で挨拶から心がけてみましょう。

英語力

日本の学校の勉強だけではなかなか身につかない英語力。国際化が進み、英語が話せることが必要になってきています。仕事でもプライベートでも生きた英語を使えるようにスキルを磨くと世界が広がります。

ビジネスマナー

ビジネスマナーを身につけておくことは社会人になるために必要です。ビジネスマナーが身についている人は信用され相手にもよい印象を与えます。社会に出てからでも身につけられますが、その準備として身につけておくことをおすすめします。

パソコン

Excelなどのデータ集計やWordやPowerPointなどを使った資料作成は企業で働きたい人がもっていると役立つスキルです。その際に迅速に作業ができるようブラインドタッチも身につけておきたいスキルです。

電話応対

社会人には必須の電話応対。営業の仕事ではなくてもどんな仕事にも通じるものです。姿は見えないため声だけで相手に判断されるためマナーを身につけておきたいものです。相手に好感が持たれる聴き方・伝え方等を身につけておくといいでしょう。

文書作成スキル

どんな仕事でも文書作成のスキルは必要になります。メールでのやり取りが増えて文字だけで相手に伝わるように文書を書くことは必須になりつつあります。簡潔で分かりやすい文書を作るスキルを社会人になる前にみにつけておくことをおすすめします。

20代で身につけるとよいスキルアップできる資格


実用英語技能検定

英検は小学生から社会人まで幅広く受けることができる国内でも最大規模の英語の資格です。社会で求められる実用英語の問題もあるのでビジネスにも役立ちます。2級から履歴書に書く人が多いです。

簿記検定

社会人の一般常識や基礎力にもなる簿記の知識は必要不可欠でもあります。会社の規模や業種に関係なく、記録・計算・集計の会計技術の知識は必要になります。2級から履歴書に書く人が多いです。

TOEIC

TOEICは英語のコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のもので、点数によって評価されます。世界基準なので、高い点数をとれば評価されます。700点以上で英語で書かれた社内文書や仕事の進め方について理解できるという目安になります。

秘書検定

秘書検定はビジネスマナーを総合的に学ぶことができます。秘書検定2級以上で履歴書に書く人が多いです。持っていることでビジネス基本であるマナーを身につけているということを証明できる資格になります。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーはお金の知識を幅広く得るための資格です。生活に密着したものもあるので、自分自身の生活にも役立てられ、ビジネスにおいても大いに役立ちます。

将来を考えてスキルを身につけましょう。

20代に身につけておくとよいスキルは、人生を豊かにするためのスキルともいえます。コミュニケーション能力は人と接する上で必要になりますし、英語力は海外へ行くことにも役立ちます。今役立つ資格も大切ですが、将来的に必要になる資格も20代のうちに身につけておくと仕事の幅も広がります。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP