ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌の基準はVVエリア。一瞬でプロ級のナチュラルつや肌が作れるファンデ新登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あの人、肌がキレイだな……」と思うときは、顔の中でもとくに面積が広い頬前面「VVエリア(*)」の肌感を見て判断する人がほとんど。そのためプロのメイクさんは、VVエリアに手間ひまをかけ、数種のファンデやコンシーラーをブレンドするなどの試行錯誤を重ね、ようやく自然なツヤをメイクで演出することができるのです。

*VVエリアとは…目頭の外5mmと、目尻の外1cm、そして瞳の中央から小鼻横ラインが交わる3つの点を結んだ三角のエリアです。

プロのテクニックを形にした、誰でも一瞬でキレイになれるコスメ


AREA FOUNDY ® Cover/Natural 各7g/2,700円
「それなら、プロのメイクさんが手間ひまかけて作った完成系をファンデーションにすれば、誰もが一瞬でキレイになれるじゃない!」
そんな発想から生まれたVVエリア用ファンデーション「AREA FOUNDY ®(エリアファンディ)」が、2016年3月14日(月)発売されます。

なんと頬や気になる場所にポンポンと乗せるだけで、影が目立たない、ヘルシーなキラキラつや肌になれるんです! 顔の一番目立つ場所が明るくなると、顔全体がリフトアップして見えるから不思議。
面長の人は下まぶたのラインに沿ってポンポンすれば小顔効果、丸顔の人は目頭から真下に向かってポンポンすれば縦長効果が狙えるなど、使い方次第でいくらでも美人増しできます。

あの「モテマスカラ」を生み出したメーカーならではの新発想


開発したのは、あの大ヒットマスカラ「モテマスカラ」や、現在「THE まつ毛美容液」が、まつ毛美容液の売り上げシェア30%を誇るブランド「FLOWFUSHI」。
「ホントに育つ」と話題になった「THE まつ毛美容液」に配合されている、血行促進に効果があるという同社独自成分「エンドミネラル」を、「エリアファンディ」にも採用。塗って作る美しさプラス、内面からあふれるみずみずしさを実現しています。

ポンポンするファンデブラシは、あの熊野筆!


さらに注目なのが、ポンポンと肌に広げるために開発された、エリアファンディオリジナルの「大和匠筆」

毛は人気の熊野筆と奈良筆のいいところを選んでミックス、筆の角度は指でファンデを塗るときの角度に合わせるなど、とことんこだわっています。こんな上質な筆までついて、お値段なんと2,700円!とテレビ通販並みに叫びたくなるお買い得感。
あんまり教えたくないけど、プチプラのファンデの上からプラスすると、仕上がりの質感がアップしますよ(コッソリ)。
FLOWFUSHI
※価格はすべて税込です。


(グリッティ)記事関連リンク
思わず触りたくなる美髪への近道、朝5分のちょいテク3つ
心がざわつく春は、進化した赤のメイクでバランスをとる
癒しキャラになりきりながら肌ぷるん。ほっこり〜なフェイスパックがお目見え

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP