ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Camangi Japan、7インチHoneycombタブレット「Camangi Mangrove7 WiFi」の発売を延期、OSをAndroid 3.2にバージョンアップすることによる遅れ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Camangi Japanは8月12日、Android 3.1を搭載した7インチ型タブレット「Camangi Mangrove7・WiFi」の発売延期を発表しました。OSバージョンをAndroid 3.1→Android 3.2にバージョンアップすることによる遅れとのこと。発表当時は8月中旬の発売予定と案内していましたが、Andriod 3.2にへのバージョンアップに伴うプリインストールアプリの検証、バグの修正、Googleの検収等などの諸事情から、量産時期が1ヶ月ほど遅れるているそうです。発売時期は9月末~10月初旬になる見込みとのこと。また、発売が遅れたこともあり、日本語フォントをCJKフォントから美しいとされるDynaフォントに変更して発売するそうです。その他、車での使用を予定されている方向けに、クレードルとカーチャージャーを別途購入できるよう手配を進めているとのこと。Camangi Mangrove7は、7インチWSVGA(1,024×600)サイズのマルチタッチスクリーン(ゴリラガラス採用)、NVIDIA Tegra 2デュアルコア1GHz、1GBのRAM、8GBのeMMC NAND Flash、背面に500万画素のカメラ(オートフォーカス、LEDフラッシュ)、前面に200万画素のカメラ(固定フォーカス)、マイクロSDカードスロット、マイクロHDMI、マイクロUSB、ジャイロ・加速度・ライト・デジタルコンパス・近接など各種センサー、GPSを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRのみ。バッテリーは2セル直列の1,600mAh、本体サイズは195 mm×122 mm×11.92 mm、本体質量は約380g。AndroidマーケットやCamangiマーケットに接続可能。Source : Camangi


(juggly.cn)記事関連リンク
ポケモン公式スマートフォンアプリ「ポケモン言えTAP?」Android版が公開中
パナソニック、Androidを搭載した”LUMIX Phone”(P-02D)、3色の着せ替えカバーが付属するコンパクトな低価格モデル”MyFit”(P-01D)をNTTドコモ冬モデルで投入するという噂
Huawei、スマートフォンの自社ブランドでの販売を9月より英国で開始、まずはエントリー向け「Huawei Blaze」から

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。