ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グリーン・デイ、ドキュメンタリーDVDより字幕入りトレイラー映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グリーン・デイのメガヒット・アルバム『アメリカン・イディオット』 レコーディング時の舞台裏を収録した、1月20日発売のDVD『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』の日本語字幕入りトレイラー映像が公開となった。

2004年に発表された7thアルバム『アメリカン・イディオット』は、全世界で1500万枚以上の売り上げを記録。収録曲「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」は、第48回グラミー賞にてパンク史上初となる「最優秀レコード賞」に輝いた。また、2010年にはブロードウェイ・ミュージカルとしても大きな成功を収めている。

今作『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』は、2009年に限定公開されて以来「失われた映像」と思われていた超・貴重映像を、ディレクターのジョー・ローカー(2006年『リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!』等)の手によってドキュメンタリー化。今年10月に開催された第38回ミルバレー国際映画祭でのワールド・プレミア以降、本国USでは135ヶ所の劇場にて上映されたが、多くの要望に応えて遂に映像作品としてリリースされることとなった。

『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』 日本語字幕入りトレイラー映像
https://youtu.be/gnTsQPDPOFE

【ビリー・ジョー・アームストロング コメント】
10年以上前の映像だなんて信じられない。このアルバムがどんなことになるのか、これが冒険の始まりに過ぎないなんて思ってなかった。ファンにはこの映像を楽しんでから、もう一度僕たちを見て、全てを理解してほしいな。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP