体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本発で「ウユニ塩湖」へ行く方法!今がシーズンの絶景へ

いま地球でいちばんホットな絶景、ウユニ塩湖。湖面に空が映る景色をtwitterやfacebookでみなさんも1度は見た事があるのではないでしょうか。

実際に見るウユニ塩湖は遠近感が無く吸い込まれてしまいそうなんです!さあ、体感しちゃいましょう! 行きたいと思ったときが、行くとき! 行こうと思えば行けるんです!

今日は、あなたのウユニへの一歩を応援すべく、ウユニへの行き方をナビゲート!

 

そもそもウユニ塩湖ってどこにあるの?

それは日本から遥か遠く、南米のボリビアにあります。

経路をざっくり説明すると、日本→乗り継ぎ都市(ペルーのリマorアメリカのマイアミ)→ボリビア(ラパス)→ウユニの町→ウユニ塩湖という経路になります。

 

世界の絶景、ウユニ塩湖のベストシーズンと準備

ウユニ塩湖

Photo by kyaoru_h

ウユニ塩湖は乾期の6月〜10月と雨期の12月〜2月がハイシーズンになります。雨期は塩湖に水がたまり、塩湖の入り口付近までしか行けないけれど、鏡のような湖面が見られるのはこの時期です。

また、高山病に注意しましょう。ウユニ塩湖は富士山よりも高い標高に位置しています。多少でも症状が出てるなと思ったら、喫煙や飲酒を控える、なるべくゆっくり行動する、はしゃいだり大声を出したりしない、等の注意が必要です。ダイアモックスという高山病の薬を国内で手に入れて持って行くと安心でしょう。
❐ウユニに行くなら知っておきたい!本当は怖い高山病の知識と対策とは?

 

服装に関してなのですが、朝夜と昼間で寒暖差があるので、着脱しやすい格好で行くといいでしょう。1日塩湖を歩き回ると、水が跳ねるので汚れてもいい格好で。長靴は、現地の旅行会社でレンタルしましょう。

 

まずはボリビアへ行ってみよう!(日本〜ボリビア)

bolivia1

Photo via www.abysse.co.jp

日本からボリビアへの直行便はなく、ボリビアのラパスへは少なくとも2回乗り継がなくてはなりません。代表的な経由地はペルーのリマと、アメリカのマイアミ。

まずは、この2都市のどちらかへ向かいます。どちらを選んでもラパスに到着するのは、日本を発った翌日の未明〜早朝になります。

 

リマからボリビアへは、ラン航空とタカ航空がラバスへ運行しています。マイアミからは、アメリカン航空がラパスへ運行しています。(※航空券の予約には、スカイスキャナーが便利!)せっかくの乗り継ぎなので、ペルーもしくはマイアミで数泊して寄り道を盛大に楽しむのもアリでしょう!

 

ボリビアに到着!ウユニ塩湖まであと少し!(首都ラパス〜ウユニ)

ラパス〜ウユニ間は空路か陸路での移動となります。予算や日程、自分の体力と相談して決めましょう!

pixta_4887515_M

Photo by pixta.jp

空路:所要時間はわずか1時間。 2011年より、ラパス〜ウユニ観のフライトが開始されました。 運行しているのはボリビアのTAM航空とアマソナス航空の2社。 アマソナス航空からは直行便が出ています。

ウユニ バス
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。